2004年11月03日

大合奏!バンドブラザーズ公式サイトオープン


スポンサーリンク

ニンテンドーDSと同時発売となる音楽ソフト「大合奏!バンドブラザーズ」の公式サイトが開設された。12月2日発売、1人~無制限用、税込み4800円。

無制限というのは音がとどく範囲に集まって、手動でタイミングを合わせてわいわいやることだと勝手に解釈していたが、「大合奏プレイ」モードにおいては無線が到達する限り無制限と記載してある。すごいな、おい。

さすがにこのモードだとそれぞれのDSからは自分のパートの音しか出力できない。演奏曲が何であるのかと、タイミングぐらいしか送受信していないものと思われる。そのためか、途中参加、途中退場まで出来てしまう。
逆に、採点プレイモードだと8人までという制限があるが、8パートすべての音がすべてのDSから出力される。無線に載せてリアルタイムに音楽のデータのやりとりまでしているようだ。さらに、こちらのモードはダウンロードプレイに対応している(※前述の大合奏モードは未対応)。これはどういう事かというと、8人で遊ぶときに「大合奏!バンドブラザーズ」のソフトつまりDSカードは1枚でいいのだ。

DSの無線機能のメリットを完全に生かしている。同時発売ソフトのなかでこのソフトは無線のメリットを強調するための存在だろう。また、マイク内蔵のメリットも盛り込んであり、鼻歌や歌声から作曲をすることが出来る。その分、DSの他の特徴である2画面とタッチスクリーンはあまり重要視されていないようだ。音楽の演奏はタッチスクリーンではなく、十字キーやABXYLRボタンを使用する。

任天堂のサイト内で独立した公式ページが設置されたのはこのソフトが初めてだが、これからもっと情報が出てくることだろう。今日からニンテンドーDS本体の店頭での予約が開始され、名古屋では体験イベントが全国五都市の先陣を切って開催される。
現段階での未発表ソフトもいくつか出てきてくれるのではないだろうか。


スポンサーリンク
関連記事


この記事の前後の記事
2004年11月05日:AmazonでニンテンドーDSの予約開始
2004年11月03日:マリオパーティ6公式サイトオープン

最新記事
2017年11月03日:スーパーマリオオデッセイの発売に寄せて
2017年10月18日:マリオカートVRに新たなエンターテインメントの可能性をみた
2017年08月31日:会場を借りて誕生日パーティを開いた
2017年07月07日:私はキンプラに殺された
2017年06月30日:任天堂株主総会レポート2017
2017年06月20日:「映画 山田孝之3D」はとんでもない映画だった
2017年05月25日:ARMSはSplatoonの背中に追いつけるか?
2017年04月14日:amazonの検索結果からボッタクリ価格業者を消す方法
2017年03月29日:1-2-Switchは最高のパーティゲーム
2017年03月04日:Switch発売に寄せて



- N-Styles -