2004年09月19日

ニンテンドーDS版「ぷよぷよフィーバー」年内発売


スポンサーリンク

セガはニンテンドーDS用ソフト「ぷよぷよフィーバー」を2004年に発売する。価格は未定。(セガ、DS発売予定表)

今年の頭から各ハードで発売され続けてきたぷよぷよフィーバーだが、DSでも登場。これでアーケードを含め12ハード目・・かな。

2003年11月   アーケード
2004年02月04日 プレイステーション2
2004年02月24日 ドリームキャスト
2004年03月24日 ゲームキューブ
2004年04月24日 Xbox
2004年05月24日 iアプリ
2004年06月24日 マッキントッシュ
同日      Vodafone
2004年07月24日 ゲームボーイアドバンス
2004年08月24日 au EZアプリ
2004年09月24日 Windows
2004年??月??日 ニンテンドーDS

基本的に家庭用では24日(ぷよの日)の発売と言うことになっているので、DS本体の発売日にあわせずに12月24日に発売しそうな気がする。11月21日本体発売→ぷよぷよ11月24日と言う可能性もないわけではないが・・。

ちなみにWindows用サターンパッド復刻版(USB接続)同梱があったりするWindows版は9月24日の発売に先行して、9月20日(って明日か・・)までオンライン対戦のベータテストを行っている。これがまたプレイ中によく回線が切れるんだわ。切れる現象が起こらない場合はすごく快適。回線が改善されればオンラインプレイは悪くないと思う。

話を戻して、DS版のぷよぷよフィーバーだが、ボタンを扱わずに操作を行う。要するに全部タッチパッドですませるということだ。おそらくオプション設定でボタン操作も可能にするだろうけど。

プレイ中は左右に指をスライドさせると、それぞれの方向への移動が出来る。回転をするときは右回転(通常は決定ボタンに割り当てられる)が上から下にスライド、逆回転は下から上に指をスライドさえて行う。記載されていないが真下に落とす場合はおそらくタッチパネルを軽くタップするのではないだろうか。下画面の右上のあたりにはポーズ用の「きゅうけい」ボタンも用意されている。これもその部分を軽く叩くことで一時的にゲームを中断できるのだろう。また、対戦の場合のキャラ選択も下画面にキャラの一覧が出てそれを触ることで選べるようだ。

はっきりいってなれるまでキツそうだ。元々の操作感覚になれていれば慣れているほど大変だろう。ぷよぷよフィーバー自体も旧来のぷよぷよになれている人にはなかなかなじめないらしく、3個/4個ぷよとフィーバーモードに四苦八苦している人も多い。

すでに10個を超えるハードで出ているにあえてDSでぷよぷよフィーバーを買う人がどれだけいるか。GBA版が出ずにDS版が出れば反発もあるだろうが、他にいくらでも選択肢がある中で新しい要素をくわえたのは良いことかもしれない。

関係ないが、DSの発売一覧にあった「きみのためなら死ねる」の公式サイトをもう一度見てみた。最初に見たときは音がうるさかったのでさっさと閉じたのだが、画像(Flash)の一部がクリックすると反応があり、スタッフのコメントや開発現場写真らしきものが見られた。
文中にRubと言う単語があったので、やはり「Project Rub」という仮タイトルが与えられていたソフトが「きみのためなら死ねる」になったようだ。

それにしてもすごいタイトルだ。


スポンサーリンク
関連記事


この記事の前後の記事
2004年09月19日:amazonにDSソフトのスクリーンショット数点が掲載
2004年09月17日:DSのCM、まずは宇多田ヒカル

最新記事
2018年03月31日:SideM沼と私
2018年02月01日:マリオカート7 7年度連続ミリオン達成
2018年01月19日:ダンボールとゲーム機の融合、NINTENDO LABOのここがすごい
2017年12月31日:2017年、よかったもの
2017年12月27日:Google HomeはAmazon Echoよりも優秀(いまのところ)
2017年12月15日:「スターウォーズ 最後のジェダイ」を2回観た(ネタバレなし)
2017年11月03日:スーパーマリオオデッセイの発売に寄せて
2017年10月18日:マリオカートVRに新たなエンターテインメントの可能性をみた
2017年08月31日:会場を借りて誕生日パーティを開いた
2017年07月07日:私はキンプラに殺された



- N-Styles -