2004年07月29日

ニンテンドーDSが正式名称に


スポンサーリンク

任天堂が今年中に日本で発売予定の新型携帯ゲーム機の名称が「ニンテンドーDS」に正式決定した。価格、発売日は共に未定。

んー。DSっすか。そのマンマっすか。

公開された画像が少ないので不明な点が多いが、5月のE3当時の画像と比較するとデザインはいくらか変更が加えられている。

まあ、ぱっと見分かるように丸っこい雰囲気から幾分か角張った感じになった。ヒンジ部が左右二箇所で固定されていたのが、中央のみになり、左右には隙間ができるようになっている。すっきりとした印象を受ける。

また、ボタンの配置が異なる。電源と思われるボタンとスタート/セレクトボタンが入れ替わっている。

新デザインでは前面のスロットしか見えないが、このあたりは変更が無いようだ。よくよく見ると従事キーの手前にあたる部分にはスライド式のスイッチがある。形状から察するとこれは電源スイッチだ。しかし電源ボタンは十字キー上部にもある。

DSの仕様をおさらいすると、ゲームボーイアドバンスでもソフト依存で対応していた隠しコマンド的操作法によるスリープモードを標準で実装している。

さらに、DSが実装する電源状態にはON/OFF/スリープモードのほかにスタンバイモードがある。この状態で無線LANからの呼び出しに応答しての起動、いわゆるWake-On-Lanが実装されている。

以上の2点から推測すると手前のスライド式スイッチは主電源であり、十字キー上部のボタンはスリープ/スタンバイ/復帰に使用するボタンだ。ボタンの再配置で十字キーの上に移動させられたのは誤動作防止だと思われる。

また、前面には右側に2つほど穴が見える。一方はヘッドフォン端子だろうが、もう一個は何だろう?

他に旧/新デザインの共通の部分として下側の画面(タッチスクリーン)下部のへこみがある。画面左下に1つ、右下に2つの縦長の溝のようなものが見える。恐らくは左が電源状態をあらわすLEDで、右側は音声入力のためのマイクが仕込まれているのではないだろうか。

タッチパネルということでスタイラス(電子ペン)が付属するはずだが、それが本体に内蔵されるかどうかは今のところ不明。ヒンジ部の裏あたりに入りそうな気がしないでもないが。

とまあ、正式名称+写真2枚だけの公開だったが、相変わらずソフトが見えない。何か凄いの見せてくださいよ。


スポンサーリンク
関連記事


この記事の前後の記事
2004年08月02日:NINTENDO DSのソフトラインナップが明らかに
2004年07月26日:任天堂関連の気になるニュースは特にありません

最新記事
2017年07月07日:私はキンプラに殺された
2017年06月30日:任天堂株主総会レポート2017
2017年06月20日:「映画 山田孝之3D」はとんでもない映画だった
2017年05月25日:ARMSはSplatoonの背中に追いつけるか?
2017年04月14日:amazonの検索結果からボッタクリ価格業者を消す方法
2017年03月29日:1-2-Switchは最高のパーティゲーム
2017年03月04日:Switch発売に寄せて
2017年02月14日:ニンテンドーSwitchと一緒に買っておきたいもの
2017年01月20日:IMAX版「君の名は。」は2倍泣ける
2017年01月19日:ニンテンドーSWITCHを確実に手に入れるにはどうしたら良い?予約はどこで?


コメント

ニンテンドーDSをゲームキューブに接続して遊べませんか?

コメントする

※無記名投稿またはそれに準じる名前での投稿は、内容にかかわらず削除することがあります


- N-Styles -