2002年05月14日

ハドソン、今期内にゲームキューブソフト5本発売


スポンサーリンク

ハドソンの第30期決算説明会の動画が公開された。社長の工藤宏氏による2005年3月期までの経営計画の発表などを見ることができる。

ハドソンのコンシューマ向け事業の中心になるハドソンブランド事業は2003年3月期に57億円の収益を見込んでおり、14タイトル146万本の売り上げを計画している。14タイトルの内訳は国内市場ではPS2:3本、PS:2本、GC:5本、GBA:2本、海外でボンバーマンとピノビィーとなっている。

今期以降、同事業の復活を図る。桃太郎電鉄は隔年発売から毎年発売に。ボンバーマンシリーズは最高の売り上げを計上した時期と同様に、テレビアニメとのタイアップで収益を伸ばしたいとしている。アニメは秋スタート予定で、関連会社のコナミとタカラとのコラボレーションも行う。詳細は後日発表とのこと。

他社製品を開発するゲーム開発受託事業では31億円の収益を見込んでいる。今期はコナミ、タカラ、任天堂から約10タイトルの受注があり、来期(2004年3月期)以降も「マリオパーティ」シリーズの継続的受注が見込まれている。

中央研究所での研究開発をもとにしたコア・テクノロジー事業では10億円の収益見通し。今期は主にゲームキューブの開発ツールの改良と販売強化を行う。前期は一時受注が大幅に予想を下回ったが、海外での需要が増えてくるに従って国内でも開発ツールの販売が伸びてきたという。工藤社長によるとXboxの様子を見たあとでゲームキューブの開発を始めた会社が多かったのではないか?とのこと。また、同事業では新規半導体の開発商品化も計画している。

3月までにハドソンからゲームキューブ5本ってブラッディロアEX、ボンバーマンG、ディズニーに加えてあと2本ってこと?

ハドソン
 └IR情報
  └平成14年3月 第30期 決算説明会


スポンサーリンク
関連記事


この記事の前後の記事
2002年05月14日:ゲームキューブ用アナログモデムは夏、BBAは秋発売
2002年05月13日:ハドソン、ゲームキューブ用ソフト「Disney'sマジカルパーク」を8月に発売

最新記事
2017年11月03日:スーパーマリオオデッセイの発売に寄せて
2017年10月18日:マリオカートVRに新たなエンターテインメントの可能性をみた
2017年08月31日:会場を借りて誕生日パーティを開いた
2017年07月07日:私はキンプラに殺された
2017年06月30日:任天堂株主総会レポート2017
2017年06月20日:「映画 山田孝之3D」はとんでもない映画だった
2017年05月25日:ARMSはSplatoonの背中に追いつけるか?
2017年04月14日:amazonの検索結果からボッタクリ価格業者を消す方法
2017年03月29日:1-2-Switchは最高のパーティゲーム
2017年03月04日:Switch発売に寄せて



- N-Styles -