2001年12月03日

任天堂オフィシャルサイトリニューアル、NOM12月号も


スポンサーリンク

任天堂のオフィシャルサイトのトップページが大きくデザインを変更し、トップページ以外でも各コンテンツの下部にあるジャンル別に分けられたリンクなど微妙な部分も変更された。今までの画像でのリンクから簡素な文字でのリンクになった。

新たに任天堂以外から発売されるソフトも含めた発売予定表をカレンダーとして掲載している。プラットフォームごとに色分けされたファミ通の最終ページのような感じのデザインで、当月を含めた3ヶ月分の内容。発売ソフトの文字列からそれぞれのソフトのオフィシャルページの飛べたら便利だと思ったがそのような配慮はない。また、価格も掲載されていない。2002年2月1日にEAスクウェアからゲームキューブ向けに「NBAストリート」が発売されるようだ。これは初出かな。同社の「STAR WARS : ROGUE LEADER ROGUE SQUADRON2」の発売日も2月28日となっている。北米発売時のこのタイトルで出るとは思えないので仮タイトルだろう。

また、毎月頭に掲載しているWeb上の任天堂オフィシャルマガジン「N.O.M」の12月号が掲載され、クリスマス特集として年末発売商品の紹介をしている。それぞれのソフトごとに1ページのみの簡単な紹介だが、どうぶつの森+だけは開発者インタビューが別に掲載されている。また、クリスマスプレゼントとして受取人のためのメッセージをゲーム内で手紙として受け取ることの出来るどうぶつの森+のソフトが5名に当たる。応募する際に、渡したい相手にむけたメッセージを送ることで、そのデータを入れたメモリーカードを付属させて郵送する仕組みのようだ。96文字以内という制限があり、これはゲーム内でプレイヤーが送ることの出来るメッセージの上限でもあるようだ。

リニューアルとは言ってもトップページのデザイン変更はわりと頻繁にやっているのでどうでも良いのだが、ページ下部のリンクが簡素になったのが使いやすくなっていい感じ。カテゴリが増えて画像でのリンクがデザイン上、難しくなってきたのだろう。カレンダーがHTMLの記述間違いでブラウザによっては最後の注意書きが見づらくなってるのがちょっと困りもの。たぶんすぐに直るだろうけど。

任天堂
発売カレンダー(任天堂)
任天堂マガジン12月号(任天堂)


スポンサーリンク
関連記事


この記事の前後の記事
2001年12月04日:どうぶつの森+のファミコンソフト入手パスワード
2001年12月01日:どうぶつの森+のゲーム内で遊べるファミコンソフトが判明

最新記事
2017年08月31日:会場を借りて誕生日パーティを開いた
2017年07月07日:私はキンプラに殺された
2017年06月30日:任天堂株主総会レポート2017
2017年06月20日:「映画 山田孝之3D」はとんでもない映画だった
2017年05月25日:ARMSはSplatoonの背中に追いつけるか?
2017年04月14日:amazonの検索結果からボッタクリ価格業者を消す方法
2017年03月29日:1-2-Switchは最高のパーティゲーム
2017年03月04日:Switch発売に寄せて
2017年02月14日:ニンテンドーSwitchと一緒に買っておきたいもの
2017年01月20日:IMAX版「君の名は。」は2倍泣ける



- N-Styles -