2001年12月01日

どうぶつの森+のゲーム内で遊べるファミコンソフトが判明


スポンサーリンク

前作同様どうぶつの森+ではゲーム内でファミコンという家具が手に入り、実際にプレイする事が可能だが今回登場するファミコンソフトが週刊ファミ通に掲載された。

遊べるソフトは「パンチアウト」「ベースボール」「クルクルランド(ディスクシステム版)」「ドンキーコング3」「ドンキーコングJr.」「五目ならべ」「麻雀」「ワリオの森」の8タイトル。

これらを遊ぶためには当然ながらゲーム内で入手する必要があるのだが、前作と同じ感じだとすると結構大変だろう。きまった条件があるわけではなく運に頼るか、ひたすら遊びまくるしかない。また、前作ではコントローラパック同梱版では2本のソフトが既にデータとしてコントローラパックに付属していたが、標準でメモリーカード59が付属する今回はどうなるのか不明。

また、ファミ通についている応募券を送ると抽選で30名に「スーパーマリオブラザーズ」のデータの入ったメモリーカードが手に入る。締め切りは12月14日必着。

クルクルランドのディスクシステム版ってカセット版とどう違うんだろうか。ベースボールのコネクタいじり変化球は再現可能だろうか(無理)。任天堂のファミコン最後のソフトであるワリオの森を入れてきたのも渋くていい。

どうぶつの森+(任天堂)
予約:どうぶつの森+


スポンサーリンク
関連記事


この記事の前後の記事
2001年12月03日:任天堂オフィシャルサイトリニューアル、NOM12月号も
2001年12月01日:速報スマブラ拳更新:いたれりつくせりオプション

最新記事
2022年03月15日:Hue Sync Boxで映像とゲームを画面の外から強化する
2021年03月11日:シンエヴァを鑑賞した人たちを鑑賞した[ややネタバレあり]
2021年02月12日:藤子・F・不二雄「ノスタル爺」を読み解く
2021年01月18日:「呪術廻戦」単行本での加筆修正一覧(15巻まで)
2020年09月28日:「2.5次元の誘惑」がとにかく熱い
2020年04月08日:緊急事態宣言が発令された日の雑感
2020年04月05日:24年前、真賀田四季は「他人と実際に握手をすることでさえ、特別なことになる」と言った
2019年11月20日:例の裁判の判決を傍聴した
2019年09月18日:2019年の誕生日
2019年08月01日:衝撃的ニュースのあとに攻撃対象を探すのはやめよう



- N-Styles -