2001年12月01日

どうぶつの森+のゲーム内で遊べるファミコンソフトが判明


スポンサーリンク

前作同様どうぶつの森+ではゲーム内でファミコンという家具が手に入り、実際にプレイする事が可能だが今回登場するファミコンソフトが週刊ファミ通に掲載された。

遊べるソフトは「パンチアウト」「ベースボール」「クルクルランド(ディスクシステム版)」「ドンキーコング3」「ドンキーコングJr.」「五目ならべ」「麻雀」「ワリオの森」の8タイトル。

これらを遊ぶためには当然ながらゲーム内で入手する必要があるのだが、前作と同じ感じだとすると結構大変だろう。きまった条件があるわけではなく運に頼るか、ひたすら遊びまくるしかない。また、前作ではコントローラパック同梱版では2本のソフトが既にデータとしてコントローラパックに付属していたが、標準でメモリーカード59が付属する今回はどうなるのか不明。

また、ファミ通についている応募券を送ると抽選で30名に「スーパーマリオブラザーズ」のデータの入ったメモリーカードが手に入る。締め切りは12月14日必着。

クルクルランドのディスクシステム版ってカセット版とどう違うんだろうか。ベースボールのコネクタいじり変化球は再現可能だろうか(無理)。任天堂のファミコン最後のソフトであるワリオの森を入れてきたのも渋くていい。

どうぶつの森+(任天堂)
予約:どうぶつの森+


スポンサーリンク
関連記事


この記事の前後の記事
2001年12月03日:任天堂オフィシャルサイトリニューアル、NOM12月号も
2001年12月01日:速報スマブラ拳更新:いたれりつくせりオプション

最新記事
2019年09月18日:2019年の誕生日
2019年08月01日:衝撃的ニュースのあとに攻撃対象を探すのはやめよう
2019年07月11日:なぜSwitch Liteは7月に発表され、TVモードが削除されたのか
2019年06月29日:任天堂株主総会レポート2019
2019年06月25日:ちょっと旅行に出ております
2019年04月23日:キンプリSSS ✕ TRFコラボ曲予想
2019年04月16日:KING OF PRISM -Shiny Seven Stars-の第1話放送によせて
2018年12月31日:2018年買ってよかったもの
2018年12月21日:ドルビーシネマとスクリーンXを体験してきた
2018年09月13日:友達の写真を撮りたい



- N-Styles -