2001年11月03日

店頭にFIFA2002体験版が


スポンサーリンク

ピクミンほど広くは行き渡っていないようだが、一部の店舗にEAスクウェアの「FIFA2002 Road to FIFA WORLD CUP」のディスクが入ったゲームキューブがコントローラ付きで設置されている。

おそらくは製品版ではなく、体験版だと思うのだがタイトル画面に戻る方法がなかったのでよく分からない。メニューの最後にムービーファイルがついていたからたぶん体験版だろう。

ほかにクイックスタートや通常の試合、オプションなどがメニューで表示されており、とりあえずクイックスタートにして自チームを日本でスタート。アジアなど地域を選んでから国を選ぶのだが、一覧が表示されるわけでもなく、ただ左右にスティックを倒して次の項目を出す形式なのでちょっと使いづらい。

ゲーム本編はまあ、普通のサッカー。サッカーゲーム好きではないのであまり内容が良いのか悪いのかは分からなかった。試合開始前の読み込み時間が気になるぐらい。あと、PK戦でどこまでが準備のモーションでどのタイミングからシュートが打てるようになるのかよく分からなかった。というか蹴られるまで予備動作が長すぎる印象。そこで読み合いをしろと言うことなのだろうけどテンポが悪い。繰り返すが、サッカーゲームに詳しくないのでこういうところに目がついただけで、これがサッカーゲームとして面白くないかどうかはまた別の話。

エレクトロニックアーツスクウェア


スポンサーリンク
関連記事


この記事の前後の記事
2001年11月06日:15日からローソンでカードeの予約受付開始
2001年11月03日:完売御礼!ローソンで新色本体とコントローラが予約予定量を終了

最新記事
2018年03月31日:SideM沼と私
2018年02月01日:マリオカート7 7年度連続ミリオン達成
2018年01月19日:ダンボールとゲーム機の融合、NINTENDO LABOのここがすごい
2017年12月31日:2017年、よかったもの
2017年12月27日:Google HomeはAmazon Echoよりも優秀(いまのところ)
2017年12月15日:「スターウォーズ 最後のジェダイ」を2回観た(ネタバレなし)
2017年11月03日:スーパーマリオオデッセイの発売に寄せて
2017年10月18日:マリオカートVRに新たなエンターテインメントの可能性をみた
2017年08月31日:会場を借りて誕生日パーティを開いた
2017年07月07日:私はキンプラに殺された



- N-Styles -