2011年09月11日

ニンテンドー3DSカンファレンスで何が発表されるのか


スポンサーリンク

任天堂は9月13日にマスコミ・関係者向けの発表会ニンテンドー3DSカンファレンス 2011を開催する。当日はUstreamやニコニコ動画で生中継される。

時期的に、毎回ほとんどノータッチの東京ゲームショウの代わりとして開催するのだろう。一体何を発表するのだろうか?

まず、すでにファミ通で発表されている「モンスターハンター3G(トライG)」を実機で動かすのは間違いないだろう。当然、モンスターハンター用にニンテンドー3DSへ右スティック等を追加するアタッチメントも同時に発表されるわけだ。

他にサードパーティ製ソフトでサプライズとなりうるものとしては、海外市場を見据えたFPSタイトルあたりも考えられる。Call of Dutyとか。こちらもアタッチメントに対応するかもしれない。
さらに、アタッチメント不要になる新型機種が出てくるかもしれないが、発売から1年以内に機能や対応ソフトが異なる新型機が出てくるのは非常に印象が悪くなるので可能性は低いだろう。

すでに発表されている、「スーパーマリオ3Dランド」と「マリオカート7」の発売日が発表されることも想像に難くない。年末発売予定なので、実機展示もあるだろう。また、マリオカート7はネットワーク対戦の詳細が発表されることだろう。

他に発表される可能性があるのは
新・光神話 パルテナの鏡
・スマッシュブラザーズ
・どうぶつの森
・F-ZERO
・ポケモン白黒の拡張版
・バーチャルコンソール
あたりだろうか。

先日、Wii/Wii U向けのドラゴンクエストX 目覚めし五つの種族 オンラインの情報が公開され、ニンテンドー3DSを使ったすれちがい通信に対応すると発表されたが、時期的に今回の発表会で続報はなさそう。

個人的にはニンテンドーDSの脳トレのような、「発表当初はほとんど注目されず、発売日にほとんど売れないが、あとで爆発するソフト」がひっそりと新作タイトル一覧の中に潜んでいることを期待しつつ、発表された全てにタイトルに対して色々と妄想していこうと思う。


スポンサーリンク


この記事の前後の記事
2011年09月13日:ニンテンドー3DSカンファレンス簡易まとめ
2011年08月31日:誕生日プレゼントを大量にもらったのでレビューする

最新記事
2024年05月01日:次世代Switchの現実味のある予測(2024年5月現在)
2024年02月20日:3万アカウントの凍結を見届けた 趣味としてのTwitter(X)スパム報告
2023年06月25日:任天堂株主総会レポート2023
2023年06月21日:レビュー:ゼルダの伝説 ティアーズ オブ ザ キングダム
2022年06月30日:任天堂株主総会レポート2022
2022年03月15日:Hue Sync Boxで映像とゲームを画面の外から強化する
2021年03月11日:シンエヴァを鑑賞した人たちを鑑賞した[ややネタバレあり]
2021年02月12日:藤子・F・不二雄「ノスタル爺」を読み解く
2021年01月18日:「呪術廻戦」単行本での加筆修正一覧(15巻まで)
2020年09月28日:「2.5次元の誘惑」がとにかく熱い


コメント

むしろ年末にMHにあわせて右スティック付きの新型発売したほうが良いと思う。
アクションゲームに興味ない人は右スティックを全く使わない人もいる訳だから右スティック有り無し2つのタイプをDSiとDSiLLみたいにユーザーが選択していけば良いんじゃないかと。
後で右スティック欲しくなっても拡張できるんだし。

無難な続編発表もいいけどなんか新作も欲しいよね!!!

個人的には超操縦メカMGの続編あたりに期待してたりします。

明日のカンファ、きになりますねぇ~。個人的には「うごメモ3D(仮称)」も発表してほしいものです


- N-Styles -