2009年06月05日

WiiSportsResortは6月25日発売、4,800円


スポンサーリンク

任天堂はWii用スポーツゲーム集「Wiiスポーツリゾート」を2009年6月25日に発売する。Wiiモーションプラスが1つ付属して4,800円。単体のWiiモーションプラスは1,500円。

WiiモーションプラスはWiiリモコンの底部に取り付けるデバイスで、Wiiリモコンの傾きをより細かく検出するためのもの。これによりゴルフでフックやスライスが打てるようになったり、卓球でカットできるようになる。

WiiSportsResortでは前作を大幅に上回る12の競技が収録され、それぞれの競技にいくつかのモードが用意されている。

収録される競技は以下の通り
・チャンバラ
・ウェイクボード
・フリスピー
・アーチェリー
・バスケットボール
・ピンポン
・ゴルフ
・ボウリング
・マリンバイク
・カヌー
・自転車
・スカイレジャー

このソフトの発売に伴い、クラブニンテンドーでは購入者のうち5,000人に限定色のWiiリモコン+Wiiモーションプラス+ヌンチャクセットをプレゼントするキャンペーンを発売日から8月31日まで行う。市販はされないが、8月1日に発売されるクロに続いて3色目のWiiリモコンということになる。

Wii.comではナインティナインがアーチェリー、チャンバラ、ゴルフで達人達と対戦する10分ほどの動画が3つ掲載されている。

Wiiモーションプラスが付属して4,800円というかなりお得な価格設定になっている。任天堂はWiiモーションプラスを普及させる足がかりにしたいのだろう。動画を見ると、Wii発売前に想像していたWiiリモコンの動きがようやく出来るようになったのだと感じる。このハードの追加でWiiはWiiPlusに進化すると考えても良いのではないだろうか。次の対応ソフトが楽しみだ。

Wiiスポーツ リゾート(「Wiiモーションプラス」1個同梱)Wiiスポーツ リゾート(「Wiiモーションプラス」1個同梱)
発売日:2009/06/25
発売元:任天堂
定価:¥ 4,800



スポンサーリンク
関連記事


この記事の前後の記事
2009年06月19日:個人的なお知らせ(追記あり)
2009年06月05日:赤いDSi、ドラクエ9と同時発売。黒いWii、モンハン3と同時発売。

最新記事
2021年03月11日:シンエヴァを鑑賞した人たちを鑑賞した[ややネタバレあり]
2021年02月12日:藤子・F・不二雄「ノスタル爺」を読み解く
2021年01月18日:「呪術廻戦」単行本での加筆修正一覧(15巻まで)
2020年09月28日:「2.5次元の誘惑」がとにかく熱い
2020年04月08日:緊急事態宣言が発令された日の雑感
2020年04月05日:24年前、真賀田四季は「他人と実際に握手をすることでさえ、特別なことになる」と言った
2019年11月20日:例の裁判の判決を傍聴した
2019年09月18日:2019年の誕生日
2019年08月01日:衝撃的ニュースのあとに攻撃対象を探すのはやめよう
2019年07月11日:なぜSwitch Liteは7月に発表され、TVモードが削除されたのか


コメント

これで本来のWIIの性能になる。
同意します。
今後は、Plusが標準装備になる位、対応ソフトが増えればいいですね。

同梱4800円がお得なのではなく、プラス単体1500円という設定が高すぎる。
小学生なんかは定価のソフト一本買う覚悟でリモコン一式を揃える感覚なのではないか。

1500円が高すぎるといえる程、他にそんな安い周辺機器あったかなあ?


- N-Styles -