2008年09月28日

「Wii Music」のテレビCM放送中


スポンサーリンク

任天堂はWii用音楽ソフト「Wiiミュージック」のテレビCMを放送開始した。Wiiミュージックは10月16日発売、5,800円、1~4人用、Wii Connect24対応。

テレビCMはWiiのプロモーションサイトWii.comに掲載されているが、ゲーム画面は一切登場せず、女性がWiiリモコンとヌンチャクを楽器に見立てて動かし、それにあわせて音が鳴る演出となっている。現在の所、公開されているのは7種類。おそらく発売までにゲーム画面を映した新バージョンのCMが放送されるものと思われる。

Wii.comでは他にも岩田社長がプロデューサの宮本茂氏に開発秘話を尋ねる『社長が訊く「Wii Music」』や、日替わり楽器紹介などが掲載されている。現在のところ日替わり楽器紹介で掲載されているのは以下の通り。ゲーム本編では60種類以上の楽器が使用可能だと発表されている。

  1. マリンバ
  2. フォークギター
  3. スネアドラム
  4. ピアノ
  5. ヴァイオリン
  6. フルート
  7. ハープ
  8. エレキギター
  9. コンガ
  10. クラリネット
  11. 和太鼓
  12. アコーディオン
  13. イヌ
  14. ウクレレ
  15. ノーマルドラム
  16. エレキベース
  17. カウベル
  18. サックス
  19. シタール
  20. チアリーダー
  21. チェンバロ
  22. チェロ
  23. ハーモニカ
  24. 三味線
  25. ティンパニ
  26. ウッドベース
  27. トランペット
  28. ハンドベル
  29. スティールパン
  30. バンジョー
  31. ティンパレス

一部、明らかに楽器ではないものが混ざっているのが気になるところ。

また、公式サイトではゲームのコンセプトやゲームモードの解説が掲載されている。トップページに多数の楽器をもったMii(Wii似顔絵チャンネルで作成するキャラクタ)がいるが、その中にファミコンのコントローラを口にくわえたMiiがいる。バンドブラザーズでも同じような扱いだったが、任天堂にとってはファミコンは楽器なのか。

公式サイトの動画を見ると自由度が高い割に、適当な演奏でも良い感じのアレンジに仕上がるように名手居るようだ。実際にさわるのが非常に楽しみだ。

関連記事
「Wii Music」の予約受け付け開始
「Wii Music」は「バランスWiiボード」対応

Wii MusicWii Music
発売日:2008/10/16
発売元:任天堂
定価:¥5,800
価格:¥4,698(19%OFF)



スポンサーリンク


この記事の前後の記事
2008年09月29日:「レイトン教授と最後の時間旅行」は11月27日発売、予約特典は3部作CD
2008年09月25日:Wiiウェア「ロックマン9」配信開始

最新記事
2024年06月16日:10年ぶりにテレビ周りを刷新した話
2024年05月01日:次世代Switchの現実味のある予測(2024年5月現在)
2024年02月20日:3万アカウントの凍結を見届けた 趣味としてのTwitter(X)スパム報告
2023年06月25日:任天堂株主総会レポート2023
2023年06月21日:レビュー:ゼルダの伝説 ティアーズ オブ ザ キングダム
2022年06月30日:任天堂株主総会レポート2022
2022年03月15日:Hue Sync Boxで映像とゲームを画面の外から強化する
2021年03月11日:シンエヴァを鑑賞した人たちを鑑賞した[ややネタバレあり]
2021年02月12日:藤子・F・不二雄「ノスタル爺」を読み解く
2021年01月18日:「呪術廻戦」単行本での加筆修正一覧(15巻まで)



- N-Styles -