2007年03月16日

セガ、ニンテンドーDS「甲虫王者ムシキング スーパーコレクション」を今夏発売


スポンサーリンク

セガはアーケードで大人気のカードゲーム「甲虫王者ムシキング」のニンテンドーDS版「甲虫王者ムシキング スーパーコレクション」を2007年夏に発売すると発表した。同ソフトにはゲームボーイアドバンスカートリッジスロットに装着するタイプの「カードリーダー」を同梱する。

カードリーダーはアーケード版のカードをそのまま読み込める仕組みで、セガは同等のカードリーダーシステムを搭載したニンテンドーDSソフト「オシャレ魔女 ラブ and ベリー ~DSコレクション~」を2006年に発売し、100万本を超える販売を行っている。ラブandベリー購入者向けに「甲虫王者ムシキング スーパーコレクション」のソフト単体版を発売するかどうかは不明。

携帯ゲーム機向けのムシキングは、以下の3作品が発売済みで、今回は4作品目となる。
2005年6月23日 甲虫王者ムシキング~グレイテストチャンピオンへの道~(ゲームボーイアドバンス)
2005年12月8日 甲虫王者ムシキング~グレイテストチャンピオンへの道DS~(ニンテンドーDS)
2006年7月27日 甲虫王者ムシキング~グレイテストチャンピオンへの道2~(ニンテンドーDS)

GBA版は60万本を超える大ヒットとなったが、続くDS版はゲームボーイアドバンス版の移植+α程度の内容で、それに続く"2"もわずか半年での発売のためか売り上げがさほど伸びず、それぞれ10万本強にとどまっているようだ。

今回はカードリーダーを搭載し、アーケード版プラスαの要素で十分なアピールは出来ると思うが、第一作を超える売り上げを達成できるだろうか。3作目発売以降にポケモンが発売されるなど、ターゲット層へのニンテンドーDSの普及は十分にあり、さらに上をいく売り上げも十分可能性がある。セガは「バーチャファイター2」(セガサターン)と前述のラブandベリーに続く、同社3本目のミリオンタイトルを目指してくるに違いない。アーケード版のバージョンアップや映像作品とのタイアップ等、あらゆる戦略でこのスーパーコレクションを売り込んでいくのではないだろうか。


スポンサーリンク
関連記事


この記事の前後の記事
2007年03月16日:Wii「みんなで投票チャンネル」で沖縄が面白い
2007年03月14日:福岡ゲームクリエイターズサミットまとめ その3

最新記事
2021年03月11日:シンエヴァを鑑賞した人たちを鑑賞した[ややネタバレあり]
2021年02月12日:藤子・F・不二雄「ノスタル爺」を読み解く
2021年01月18日:「呪術廻戦」単行本での加筆修正一覧(15巻まで)
2020年09月28日:「2.5次元の誘惑」がとにかく熱い
2020年04月08日:緊急事態宣言が発令された日の雑感
2020年04月05日:24年前、真賀田四季は「他人と実際に握手をすることでさえ、特別なことになる」と言った
2019年11月20日:例の裁判の判決を傍聴した
2019年09月18日:2019年の誕生日
2019年08月01日:衝撃的ニュースのあとに攻撃対象を探すのはやめよう
2019年07月11日:なぜSwitch Liteは7月に発表され、TVモードが削除されたのか



- N-Styles -