2005年08月27日

DSでBIOHAZARD1をリメイク


スポンサーリンク

カプコンはNINTENDO DS用にバイオハザード(第一作)のリメイク作である「BIOHAZARD Deadly Silence」を発売する。発売日および価格は未定。

バイオハザードは最初にプレイステーションで発売されたオリジナルの他に、ディレクターズカット版やデュアルショック対応版、Windows版、サターン版、そしてゲームキューブ版と様々なプラットフォームで発売された。完全リニューアルとなったゲームキューブ版が「biohazard」と小文字になっている以外はBIOHAZARDと大文字表記になっている。今回も大文字だ。

小文字のbiohazardシリーズはゲームキューブの独占供給・・・のはずだったのだが、小文字bioの事実上の最終作となるbiohazard4PS2版の発売が予定されている。ちなみにXbox360とPS3で発売予定の5はBIOHAZARD5と大文字に戻った。

ところで、DS版のサブタイトルはDeadly Silenceだが、これを略するとDSだ。似たようなタイトルの付け方では鋼の錬金術師 Dual Sympathy~2人の絆~ミスタードリラー ドリルスピリッツなんてのもある。そういえばドリラーはGBA版でもドリラーエースと名乗っていたなあ。


スポンサーリンク
関連記事


この記事の前後の記事
2005年08月27日:ミクロCMに妻夫木聡、木村カエラ、宮藤官九郎
2005年08月23日:バンドブラザーズの追加楽曲発表

最新記事
2021年03月11日:シンエヴァを鑑賞した人たちを鑑賞した[ややネタバレあり]
2021年02月12日:藤子・F・不二雄「ノスタル爺」を読み解く
2021年01月18日:「呪術廻戦」単行本での加筆修正一覧(15巻まで)
2020年09月28日:「2.5次元の誘惑」がとにかく熱い
2020年04月08日:緊急事態宣言が発令された日の雑感
2020年04月05日:24年前、真賀田四季は「他人と実際に握手をすることでさえ、特別なことになる」と言った
2019年11月20日:例の裁判の判決を傍聴した
2019年09月18日:2019年の誕生日
2019年08月01日:衝撃的ニュースのあとに攻撃対象を探すのはやめよう
2019年07月11日:なぜSwitch Liteは7月に発表され、TVモードが削除されたのか



- N-Styles -