2005年03月28日

メテオス日記 35日目 マニアのプレイに耐えるメテオス


スポンサーリンク

対戦したり、上手いプレイを拝見したり、高スコアのコツを伝授されたりしてメテオスの恐ろしさを改めて痛感した。というか、上位プレイヤーは発売2週間強で極まりすぎ。研究しすぎ。

ロングレビューの最後でメテオスが真に恐ろしいのは惑星パラメータにあると書いた。その感想がやり込むごと強くなってくる。遊べば遊ぶほど、各惑星の違いが明確になってきた。

その違いを楽しめるのはもごく一部の人間に限られているだろう。すべての隠し要素を開放した段階で満足せず、メテオスを相当にやりこんでスコアを競うような人たちだ。彼らは幸せだ。

新機軸のシステムで既存のゲームが構築したものを打ち崩し、ゲームから離れた人たちや興味がなかった人たちのために作られたゲームが大好きだが、そんなソフトが一部のマニアのやり込みにも耐えられる作りになっているとワクワクする。いったいどうしたらこんなものが作れるのだろうか。

今までメテオスが売れることを願ってメテオスをプッシュしてきたが、今度はメテオスを寄り楽しめるようフォローしていこうと思う。明日は惑星各論の続きを。


スポンサーリンク
関連記事


この記事の前後の記事
2005年03月29日:メテオス日記 36日目 イベントがあったらしい
2005年03月27日:メテオス日記 34日目 製品版での初対戦

最新記事
2019年09月18日:2019年の誕生日
2019年08月01日:衝撃的ニュースのあとに攻撃対象を探すのはやめよう
2019年07月11日:なぜSwitch Liteは7月に発表され、TVモードが削除されたのか
2019年06月29日:任天堂株主総会レポート2019
2019年06月25日:ちょっと旅行に出ております
2019年04月23日:キンプリSSS ✕ TRFコラボ曲予想
2019年04月16日:KING OF PRISM -Shiny Seven Stars-の第1話放送によせて
2018年12月31日:2018年買ってよかったもの
2018年12月21日:ドルビーシネマとスクリーンXを体験してきた
2018年09月13日:友達の写真を撮りたい



- N-Styles -