2005年03月14日

メテオス日記 21日目 100メテオアタック


スポンサーリンク

レビュー書いたら疲れた

任天堂のTシャツとかをいろいろと作っているTHE KING OF GAMESメテオスTシャツを受付中

公式サイトのアンケートでプレゼントで用意されているものよりも凝ったデザインが2種類で、定価はメテオスと同額の5040円となっている。3月26日までの注文受付だが発送は4月下旬とのこと。後日発表の特典もあるとか。

さて、メテオスのほうだがいつの間にか隠し要素をすべてオープンしたみたいなので、100メテオアタックを中心にプレイしている。今のところ7秒50。これがどの程度の記録かわからないが、壁は近いと思う。おそらくどうあがいても0.5秒縮めて6秒台に入り込むのは無理。初期配置の運も強いが、もう0.1秒判断が早ければ、と言う場面が多い。ある程度打ち上げをパターン化し、初期配置をそのパターンに当てはめる判断を下すようにしないと難しいだろう。

自分が考えている基本パターンだと、次のような配置がベストだ

■■■■■■■
■■31■■■
■■1■112
33■322■

「1」→「2」の順に空中ドッキング後、着地したあとで「3」のステップジャンプ、その後空中で横3つの2次点火をしたあとで、縦方向の3次点火をするのが良い。

最後に縦点火なのは意味がある。途中の点火はまた降下してくる必要があるので横点火がいいのだが、最後は打ち上げっぱなしなので勢いのある縦のほうがタイムが縮まる。

理屈では分かっていても初期配置がどうしようもなかったり、二次点火に手間取ったりで8~9秒台になってしまうことが多いが、10秒を超えることは少ない。良い感じに最後まで繋がったと思ったら99メテオで1個足りないなんて事もあった。

まだまだ他のモードもやり込む余地が多すぎる。長く遊べそうだ。


スポンサーリンク
関連記事


この記事の前後の記事
2005年03月15日:メテオス日記 22日目 1000メテオアタック
2005年03月13日:ロングレビュー:メテオス

最新記事
2021年03月11日:シンエヴァを鑑賞した人たちを鑑賞した[ややネタバレあり]
2021年02月12日:藤子・F・不二雄「ノスタル爺」を読み解く
2021年01月18日:「呪術廻戦」単行本での加筆修正一覧(15巻まで)
2020年09月28日:「2.5次元の誘惑」がとにかく熱い
2020年04月08日:緊急事態宣言が発令された日の雑感
2020年04月05日:24年前、真賀田四季は「他人と実際に握手をすることでさえ、特別なことになる」と言った
2019年11月20日:例の裁判の判決を傍聴した
2019年09月18日:2019年の誕生日
2019年08月01日:衝撃的ニュースのあとに攻撃対象を探すのはやめよう
2019年07月11日:なぜSwitch Liteは7月に発表され、TVモードが削除されたのか



- N-Styles -