2004年08月19日

任天堂のアレは今...?


スポンサーリンク

ネタがないので過去を振り返ってみる。

2002年のE3でのオハナシ。GC用液晶モニタが参考出展なんて事がありました。(ファミ通/ソフトバンクゲームズ)
サードパーティーから任天堂許諾なしの同タイプ液晶モニタがいくつかでているようだけど、これは純正品。

純正品には他とは大きく違った特徴があり、デジタル出力端子から映像を液晶モニタに流す仕様になっている。他社製品はアナログ出力から映像をとっている。

が、これはあくまで参考出展品で今現在商品化されていない。今後もされる予定はない。というか、無理。2004年7月以降の出荷ゲームキューブではデジタル出力端子が省略されている。

そもそもはブロードバンドアダプタを利用してローカルのネットワーク(LAN)を組み、複数台のゲームキューブと画面を使用して多人数対戦を行うことを目的としてこのモニタが計画されたようだ。しかし、LANを組んで遊ぶソフトも今後は出ないだろう。

カービィのエアライドとマリオカートダブルダッシュではLAN対戦をサポートしていたが、その後LAN対戦対応ソフトは出ていない。LAN対戦に必要なブロードバンドアダプタは既存出荷分以外は通販でしか買うことが出来ない。

おそらくはブロードバンドアダプタはLAN対戦を想定して用意されたものではなく、オンラインゲームのために作られたものだ。シリアルポート2がLAN対戦用で、ケーブルもコネクタもハブも任天堂側で用意するつもりだったのだろう。そうじゃなきゃネットワークの基本的な知識やLANケーブル、ルータ等の機器を自前で用意しないと対戦が出来ない仕様にするはずがない。

64DDやモバイルシステムGBでもそうだが、アドオンが必要な機器はことごとく失敗している。だからこそ、NINTENDO DSで本体内にこれでもかと言わんばかりに機能を盛り込んで、後で付け足さなくて済むようにしていることに好感が持てる。次期据え置き機のレボリューションでも色々と盛り込んで貰いたいものだ。


スポンサーリンク
関連記事


この記事の前後の記事
2004年08月31日:スマブラDXで遊んでます
2004年08月15日:まわるメイドインワリオ発表

最新記事
2019年09月18日:2019年の誕生日
2019年08月01日:衝撃的ニュースのあとに攻撃対象を探すのはやめよう
2019年07月11日:なぜSwitch Liteは7月に発表され、TVモードが削除されたのか
2019年06月29日:任天堂株主総会レポート2019
2019年06月25日:ちょっと旅行に出ております
2019年04月23日:キンプリSSS ✕ TRFコラボ曲予想
2019年04月16日:KING OF PRISM -Shiny Seven Stars-の第1話放送によせて
2018年12月31日:2018年買ってよかったもの
2018年12月21日:ドルビーシネマとスクリーンXを体験してきた
2018年09月13日:友達の写真を撮りたい



- N-Styles -