2002年08月24日

斑鳩、ゲームキューブでも発売


スポンサーリンク

トレジャー開発のシューティングゲーム「斑鳩(いかるが)」のドリームキャスト版が9月5日に6800円で発売されるが、2003年1月にゲームキューブでも5800円で発売されることが決定した。

ドリームキャスト版はトレジャーが発売するが、ゲームキューブ版はインフォグラムジャパンが発売元となる。また、インフォグラムジャパンはアタリショックで有名な老舗ゲームブランド「ATARI」の名称使用権を取得しており、このブランド名での販売戦略を世界的に行っているため、斑鳩の発売元はATARIということになる。

移植はドリームキャスト版と同じくトレジャー自らが行う。ドリームキャスト版ではモニタの縦置きも可能な忠実な移植と共にプロトタイプモードの追加も行っているが、それらのモードがゲームキューブでも楽しめるかは不明。それ以外でゲームキューブ版だけのオリジナル要素は用意されているとのこと。

個人的に大好きなゲームなので大歓迎。任天堂発売でNINTENDO64「罪と罰」を開発したトレジャーが今後どのようにゲームキューブに関わってくるか気になるところ。

TOPICS(トレジャー)
 └Dreamcast版「斑鳩 IKARUGA」
GAMECUBE版「斑鳩」がアタリブランドで発売決定(GAMESPOT)


スポンサーリンク
関連記事


この記事の前後の記事
2002年08月24日:チケットあるヨー。スマブラオーケストラコンサート
2002年08月24日:「ZOIDS VS.」初回限定で特別カラーリングのゾイドが付属

最新記事
2019年08月01日:衝撃的ニュースのあとに攻撃対象を探すのはやめよう
2019年07月11日:なぜSwitch Liteは7月に発表され、TVモードが削除されたのか
2019年06月29日:任天堂株主総会レポート2019
2019年06月25日:ちょっと旅行に出ております
2019年04月23日:キンプリSSS ✕ TRFコラボ曲予想
2019年04月16日:KING OF PRISM -Shiny Seven Stars-の第1話放送によせて
2018年12月31日:2018年買ってよかったもの
2018年12月21日:ドルビーシネマとスクリーンXを体験してきた
2018年09月13日:友達の写真を撮りたい
2018年09月05日:今年も誕生日を満喫した



- N-Styles -