2002年08月24日

斑鳩、ゲームキューブでも発売


スポンサーリンク

トレジャー開発のシューティングゲーム「斑鳩(いかるが)」のドリームキャスト版が9月5日に6800円で発売されるが、2003年1月にゲームキューブでも5800円で発売されることが決定した。

ドリームキャスト版はトレジャーが発売するが、ゲームキューブ版はインフォグラムジャパンが発売元となる。また、インフォグラムジャパンはアタリショックで有名な老舗ゲームブランド「ATARI」の名称使用権を取得しており、このブランド名での販売戦略を世界的に行っているため、斑鳩の発売元はATARIということになる。

移植はドリームキャスト版と同じくトレジャー自らが行う。ドリームキャスト版ではモニタの縦置きも可能な忠実な移植と共にプロトタイプモードの追加も行っているが、それらのモードがゲームキューブでも楽しめるかは不明。それ以外でゲームキューブ版だけのオリジナル要素は用意されているとのこと。

個人的に大好きなゲームなので大歓迎。任天堂発売でNINTENDO64「罪と罰」を開発したトレジャーが今後どのようにゲームキューブに関わってくるか気になるところ。

TOPICS(トレジャー)
 └Dreamcast版「斑鳩 IKARUGA」
GAMECUBE版「斑鳩」がアタリブランドで発売決定(GAMESPOT)


スポンサーリンク
関連記事


この記事の前後の記事
2002年08月24日:チケットあるヨー。スマブラオーケストラコンサート
2002年08月24日:「ZOIDS VS.」初回限定で特別カラーリングのゾイドが付属

最新記事
2021年03月11日:シンエヴァを鑑賞した人たちを鑑賞した[ややネタバレあり]
2021年02月12日:藤子・F・不二雄「ノスタル爺」を読み解く
2021年01月18日:「呪術廻戦」単行本での加筆修正一覧(15巻まで)
2020年09月28日:「2.5次元の誘惑」がとにかく熱い
2020年04月08日:緊急事態宣言が発令された日の雑感
2020年04月05日:24年前、真賀田四季は「他人と実際に握手をすることでさえ、特別なことになる」と言った
2019年11月20日:例の裁判の判決を傍聴した
2019年09月18日:2019年の誕生日
2019年08月01日:衝撃的ニュースのあとに攻撃対象を探すのはやめよう
2019年07月11日:なぜSwitch Liteは7月に発表され、TVモードが削除されたのか



- N-Styles -