2002年04月01日

オウガバトルシリーズの版権がクエストからスクウェアに


スポンサーリンク

現在発売中の週刊ファミ通4月12日号の巻頭でスクウェア松野泰己さんのインタビューが掲載されており、その中でオウガバトルの版権がスクウェアに移ったことを明らかにした。

オウガバトルシリーズはクエストの看板商品。スーパーファミコンで「伝説のオウガバトル」「タクティクスオウガ」が発売され、その後スタッフの松野氏がスクウェアに入社し「ファイナルファンタジータクティクス(以下FFT)」を開発した。その後、クエストのほかのスタッフが開発した「オウガバトル64」「タクティクスオウガ外伝」は任天堂発売となっている。

今回、FFTがゲームボーイアドバンスで発売されることになるが、続編ではなくアレンジという形で発売する。開発のメインはGBAで外伝を開発した村澤氏が務めるが、‘元クエストのスタッフ’という表現が気になる。

松野氏はFFT以外でもFF12の開発に取り組んでいるためまだ先の話になるが、スクウェアでオウガバトルシリーズを続けていく予定だという。すでに版権をスクウェアが取得したことも口にした。

松野氏の移籍後スクウェアでFFキャラを使って開発したFFT、別の開発メンバーで制作されたオウガバトル64の双方とも以前からのファンの間で不満が多く、ファンとスクウェアの間の溝は大きい。それが埋まるかどうかはスクウェア発売になるオウガバトル最新作の内容次第だろう。


スポンサーリンク
関連記事


この記事の前後の記事
2002年04月01日:セガ、ビーチスパイカーズを今年夏に発売
2002年03月31日:GameJam2、動画によるステージイベント配信

最新記事
2021年03月11日:シンエヴァを鑑賞した人たちを鑑賞した[ややネタバレあり]
2021年02月12日:藤子・F・不二雄「ノスタル爺」を読み解く
2021年01月18日:「呪術廻戦」単行本での加筆修正一覧(15巻まで)
2020年09月28日:「2.5次元の誘惑」がとにかく熱い
2020年04月08日:緊急事態宣言が発令された日の雑感
2020年04月05日:24年前、真賀田四季は「他人と実際に握手をすることでさえ、特別なことになる」と言った
2019年11月20日:例の裁判の判決を傍聴した
2019年09月18日:2019年の誕生日
2019年08月01日:衝撃的ニュースのあとに攻撃対象を探すのはやめよう
2019年07月11日:なぜSwitch Liteは7月に発表され、TVモードが削除されたのか



- N-Styles -