2002年01月13日

2001年売上トップ200


スポンサーリンク

電撃マーケティング室集計による2001年のゲームソフト売上上位200本が掲載された。

任天堂のソフトでは7位に84万本で大乱闘スマッシュブラザーズDXがランクイン。他に75万本のスーパーマリオアドバンスが10位に入った。

発売されたばかりのゲームキューブでたった1ヶ月強の期間にこれだけ売り上げたスマブラDXはやはり強い。まもなく100万本に到達するだろう。

ゲームボーイアドバンスは本体があれだけ売れたのにソフト売上は分散しているようでまだミリオン達成はない。今後、ビックタイトルが出てくるのを期待しよう。

他のソフトではどうぶつの森が64版で17万本の62位、GC版「どうぶつの森+」がそれを抜いて20万本突破の57位。集計期間は「+」の発売後わずか2週間なのでこれはすごい。

掲載された中で最初に発売されたのが1999年1月21日発売のスマッシュブラザーズ(64版)。累計で165万本。DXが買えなかった人たちが買い求めたのだろう。

2001年ソフト売上BEST200(電撃オンライン)


スポンサーリンク
関連記事


この記事の前後の記事
2002年01月16日:速報スマブラ拳更新:ロイ
2002年01月13日:バイオハザード公式サイト更新

最新記事
2021年03月11日:シンエヴァを鑑賞した人たちを鑑賞した[ややネタバレあり]
2021年02月12日:藤子・F・不二雄「ノスタル爺」を読み解く
2021年01月18日:「呪術廻戦」単行本での加筆修正一覧(15巻まで)
2020年09月28日:「2.5次元の誘惑」がとにかく熱い
2020年04月08日:緊急事態宣言が発令された日の雑感
2020年04月05日:24年前、真賀田四季は「他人と実際に握手をすることでさえ、特別なことになる」と言った
2019年11月20日:例の裁判の判決を傍聴した
2019年09月18日:2019年の誕生日
2019年08月01日:衝撃的ニュースのあとに攻撃対象を探すのはやめよう
2019年07月11日:なぜSwitch Liteは7月に発表され、TVモードが削除されたのか



- N-Styles -