2001年12月01日

バイオハザードオフィシャルサイト更新:動画背景


スポンサーリンク

カプコンのバイオハザードのサイトが更新されて、「こだわり(10)動画背景」が掲載された。

バイオハザードシリーズでは背景として静止画のプリレンダリング一枚絵が使用され、その中を3Dポリゴンの主人公や敵キャラが動き回るようになっているが、動画背景はそれを一歩進めて背景画を動画にしたもの。一部ではなく全体がムービーとして保存されているとなると、それを表示するだけで結構な負荷がかかるようだが、任天堂の協力もあってゲームキューブでは大丈夫らしい。また、負荷がかかるとは言っても動画を再生することさえ出来ればどんな複雑な構造の背景でも同程度の負荷で済むので、ポリゴンで緻密な背景をいちいち描写するよりはずっと綺麗に見ることが出来る。視点が固定されるというデメリットはあるが。

以前、スペシャルのコーナーの方で「実験動画背景」として開発途中に試験的に作った派手めの動画背景が掲載されたが、今回は実際にゲームで使うような地味な動画が掲載されている。

バイオハザードのゲーム性を考えると燃えさかる階段や滝壺のような場所よりも、草木がざわめいたり光が揺れながら差し込んだり、微妙に水が流れる様子がうかがえたりする方が似つかわしいのだろう。

静止画3点とそれの解説、および効果音付きの動画ファイルを見ることが出来る。相変わらず(なま)の臨場感を前面にプッシュしているが、毎週掲載されるこだわりコーナーを見て動画を眺めていると何となくその感覚が伝わってくるような気がしないでもない。ゲームは触ってナンボのモンだから、発売前には店頭体験版などでその臨場感をより一層分かるようにしていただきたい。

情報提供:akirさん
こだわり(10) 動画背景(カプコン)


スポンサーリンク
関連記事


この記事の前後の記事
2001年12月01日:松下「Q」の製品版検証
2001年11月29日:4つめのピクミンCM

最新記事
2021年03月11日:シンエヴァを鑑賞した人たちを鑑賞した[ややネタバレあり]
2021年02月12日:藤子・F・不二雄「ノスタル爺」を読み解く
2021年01月18日:「呪術廻戦」単行本での加筆修正一覧(15巻まで)
2020年09月28日:「2.5次元の誘惑」がとにかく熱い
2020年04月08日:緊急事態宣言が発令された日の雑感
2020年04月05日:24年前、真賀田四季は「他人と実際に握手をすることでさえ、特別なことになる」と言った
2019年11月20日:例の裁判の判決を傍聴した
2019年09月18日:2019年の誕生日
2019年08月01日:衝撃的ニュースのあとに攻撃対象を探すのはやめよう
2019年07月11日:なぜSwitch Liteは7月に発表され、TVモードが削除されたのか



- N-Styles -