« Wii U発売は12月8日! | メイン | Wii U予約開始 »

2012年09月14日

ニンテンドーダイレクトでWii U新作ソフト紹介、モンハン最新作登場!



任天堂は日本時間9月13日23時に「ニンテンドーダイレクト Wii U Preview」を配信し、Wii Uのソフトを多数発表した。

wii_u_20120913000008.png

まず、本体内蔵機能の「インターネットブラウザー」が紹介された。
Webkitベースのブラウザで、ゲームとは別に搭載された潤沢なシステムメモリのお陰でぬるぬると快適に動き、タブブラウズ機能も搭載されている。
Youtube等の動画サイトを閲覧時はテレビ画面で動画を再生させたまま、ゲームパッドでは別のページをブラウズすることができる。
ゲームプレイ中に中断し、起動させることも可能で、その場合は中断した画面をテレビ画面に出したまま、ゲームパッドで検索したりできる。その際にはプレイしていたゲームタイトルをキーワードに検索することも可能。
ゲームパッドのジャイロ機能を使ったスクロール機能なども搭載されている。

wii_u_20120913000023.png

続いて、同時発売ソフトの紹介。
NewスーパーマリオブラザーズUには「お題モード」が搭載される。
お題モードは、コイン枚数やタイムなどの設定された目標を目指してプレイするモード。
その他、オートスクロールでステージが進み、コインを取ることでスクロール速度が上がる「ブーストモード」も搭載している。

同じく同時発売ソフトの「Nintendo Land」は12個のアトラクションが搭載される。

wii_u_20120913000042.png
一人でも多人数でも楽しめる「チームアトラクション」は3つ
ゼルダの伝説バトルクエスト
ピクミンアドベンチャー
メトロイドブラスト

wii_u_20120913000043.png
2人以上であそぶ「対戦アトラクション」が3つ
マリオチェイス
ルイージのゴーストマンション
どうぶつの森キャンディーまつり

wii_u_20120913000044.png
そして、一人で気軽に楽しむ「ミニアトクラション」が6つある。
ヨッシーのフルーツカート
オクトパスダンス
ドンキーコングのクラッシュコース
鷹丸の手裏剣道場
キャプテンファルコンのツイスターレース
バルーントリップブリーズ

wii_u_20120913000053.png

「GAME&WARIO」は2013年初頭発売予定
今までのような瞬間ミニゲームではなく、比較的長時間遊ぶゲームが多数収録されている。
ゲームパッドを駆使したゲームが多くなるようだ。

また、2013年春までに「Wii Fit U」「ピクミン3」が発売される。

サードパーティでは以下のソフトが同時発売となる。
コーエーテクモゲームス「ニンジャガイデン3レーザーズエッジ」
コーエーテクモゲームス「無双OROCHI2 Hyper」
バンダイナムコゲームス「鉄拳タッグトーナメント2 Wii U Edition」
UBI「ゾンビU」
UBI「アサシンクリードIII」
ワーナー「バットマン・アーカムシティ・アーマードエディション」

この他、「三国志12」「真・北斗無双」「レイマンレジェンド」「マスエフェクト3特別編」「FIFA13ワールドクラスサッカー」などが紹介された。

wii_u_20120913000108.png

春以降の任天堂発売ソフトとして、モノリスソフトの完全新作、プラチナゲームズの「The Wonderful 101
」「ベヨネッタ2」が発表された。

現在Wiiで発売されている「ドラゴンクエストX」のWii U版の最新情報も公開された。製品版の発売時期は明らかにされなかったが、Wii U発売からあまり期間をあけずにβテスト版をスタートさせるとのこと。
Wii UプレミアムセットにドラクエXベータテスト権がつくことも明らかになった。ベータ版から製品版へのデータ引き継ぎ、Wii版からの引き継ぎにも対応している。

wii_u_20120913000115.png

最後に「モンスターハンター3G HD Ver.」が発表された。
ニンテンドー3DS版とセーブデータを共有することが可能で、家では大画面で、外では3DSで楽しめる。
3DS版には実装されなかったオンラインプレイにも対応している。
Wii U本体と同時発売で、数量限定の完全予約制の本体同梱版(モンハン3G HD Ver Wii Uプレミアムセット 38850円)も発売される。

国内向けの発表としては、一番のサプライズはなんといってもモンハン3Gがオンライン対応、HD画質対応でWii Uに登場したことだろう。
ニンテンドー3DSで発売予定のモンスターハンターシリーズ最新作もWii U対応版が発売される可能性が高い。

最近10年間の日本のゲーム業界で、200万本以上売り上げたタイトルは、任天堂(とポケモン)発売のソフトを除くとモンスターハンターとドラゴンクエストとファイナルファンタジーしかない。
任天堂の豊富なゲームに加えて、ドラクエもモンハンもWii Uで遊べるとなると、Wii Uのソフトラインナップはかなり期待できると思っていいのではないだろうか。





- N-Styles -