2012年07月23日

3DSソフト購入方法4種類のメリットとデメリット


スポンサーリンク

7月28日からニンテンドー3DSソフトのダウンロード版ソフトの配信が開始される。以前から行われていたダウンロード専売の3DSウェアではなく、パッケージで販売されているフルプライスのソフトがダウンロードで購入可能になる。

3ds_dl.png

ダウンロード販売開始は以前から告知されていたが、発売直前になってようやく詳細が明らかになってきた

ダウンロード版の購入方法は3種類用意され、パッケージ版ソフトを含めると4種類用意される。

まずは任天堂が提供しているeShopで直接購入する方法。
他の方法でも最終的にはeShopにアクセスしてダウンロードする必要があるので、ここで直接買うのが一番手っ取り早い。

あとの2つは店頭販売される「ダウンロードカード」を購入する方法と、オンラインショップで「ダウンロード番号」方法だ。
今までのダウンロード販売はメーカー直販しか存在しなかったが、一般の店頭、オンラインショップで購入できるのが新しい。

それぞれのメリット、デメリットを考えてみよう。

パッケージソフト

メリット
店舗によっては値引きが期待できる
お店独自のポイントが得られる
特典付きタイトルでサントラCD等が付属する
複数台の本体で遊べる
家族や友人と貸し借りできる
中古ショップに売ることができる
SDカードの空き容量を気にしなくて良い

デメリット
店に行く必要がある
(オンラインショップの場合)到着まで待たされる
別のソフトを遊ぶ際にカードの抜き差しが必要
物理メディアの管理が必要

eShopで購入

メリット
ソフトの購入からダウンロードまでeShop内で全て完結する
店に出向く必要がない
欲しいと思った時にいつでも買える
ニンテンドーポイントで購入可能(コンビニ等でカードを購入可能)
ソフトの入れ替えが不要
物理メディアを管理する必要がない

デメリット
定価販売
ニンテンドーポイント払いの場合、ポイントカードが1000円単位でしか買えない(4800円のソフトを買うために5000円必要)
※クレジットカード払いの場合、支払いが500円単位になるが、残高不足の場合は端数チャージ可能
SDカードの空き容量の範囲内でしか買えない
別の本体で遊ぶことができない
ソフトの貸し借りが出来ない

ダウンロードカードを店頭購入

メリット
店舗によっては値引きが期待できる
お店独自のポイントが得られる
ソフトの入れ替えが不要
物理メディアを管理する必要がない

デメリット
店に行く必要がある
SDカードの空き容量の範囲内でしか買えない
別の本体で遊ぶことができない
ソフトの貸し借りが出来ない

ダウンロード番号をオンラインショップで購入

メリット
店舗によっては値引きが期待できる
お店独自のポイントが得られる
ソフトの入れ替えが不要
物理メディアを管理する必要がない

デメリット
SDカードの空き容量の範囲内でしか買えない
別の本体で遊ぶことができない
ソフトの貸し借りが出来ない

パッケージ版とダウンロード版の差の部分はどの購入方法でも共通だが、支払方法、割引、店頭に行く必要があるかどうかで3種類の購入方法に差が出てきた。
直接eShopで買うのが、一番手っ取り早いが、値引きもないし、ポイントカード払いの場合はソフトの代金よりも多くの出費が必要になる。あえてeShop購入を選択する人はほとんどいないだろう。任天堂としては一番利益が多いのだが、直販で安売りしてしまうと小売店から反発が出ることが容易に予想される。

個人的には頻繁にダウンロードソフトを購入すると、32GBのSDカードを使っていても容量の上限に達しそうなので、必要に応じてダウンロード版とパッケージ版のどちらにするのかを選択することを考えていた。3DSソフトには4GBのカードもあるし、最大でも20本程度しか入れられないのでは?と想定してのことだ。

それで、毎日プレイする鬼トレはダウンロード版を、NEWマリオ2はクリアしたらあまり遊ばないだろうからパッケージ版を買うことを考えていたが、公式サイトに記載された容量を見るとNEWマリオ2も370MBと意外とコンパクト。鬼トレも200MBで、かなり小さい。これなら32GBのSDカードに数十本のソフトを入れることもできそうだし、両方ともダウンロード版でもいいような気がしてきた。

今のところオンラインショップの一覧が公表されていないが、amazonで買えるならamazonでダウンロード番号を買うようにしたい。

ちなみに、ダウンロードカードやダウンロード番号の発売は、ソフトの発売日よりも前になる場合がある。発売日前に購入した場合は、発売日当日の午前9時からダウンロード可能になる。
最速発売はセブンイレブンで、7月23日からダウンロードカードの販売開始となる(プレスリリースpdf)。価格はNew スーパーマリオブラザーズ2が4,480円で、ものすごく脳を鍛える 5 分間の鬼トレーニングが3,580円。6~7%引き程度。店舗数と手軽さを考えると、悪くない選択肢だと思う。

他の店舗は不明だが、セブンイレブンにおいてはインコムジャパンがダウンロード販売のシステムを構築しているようだ。

追記:eShopでのクレジットカード払いの場合の説明に誤りがあったので訂正しました。


スポンサーリンク
関連記事


この記事の前後の記事
2012年07月25日:セブンイレブンでダウンロード版鬼トレを買ってきた
2012年07月11日:10年分の7月の記事を振り返ってみた

最新記事
2017年07月07日:私はキンプラに殺された
2017年06月30日:任天堂株主総会レポート2017
2017年06月20日:「映画 山田孝之3D」はとんでもない映画だった
2017年05月25日:ARMSはSplatoonの背中に追いつけるか?
2017年04月14日:amazonの検索結果からボッタクリ価格業者を消す方法
2017年03月29日:1-2-Switchは最高のパーティゲーム
2017年03月04日:Switch発売に寄せて
2017年02月14日:ニンテンドーSwitchと一緒に買っておきたいもの
2017年01月20日:IMAX版「君の名は。」は2倍泣ける
2017年01月19日:ニンテンドーSWITCHを確実に手に入れるにはどうしたら良い?予約はどこで?



- N-Styles -