2007年10月31日

任天堂岩田社長に妙な質問をした人がいる


スポンサーリンク

先日、10月26日に任天堂の経営方針説明会/中間決算説明会が行われた。詳しい内容は任天堂のサイト上で動画およびテキストで掲載されている。

説明会の内容を簡単にまとめると次のような感じだ。相変わらず任天堂は絶好調のようだ。

  • nintendogsが海外市場を中心にバカ売れ、累計1,577万本(全DSソフトで最大のヒット)
  • もっと脳トレは海外でも大ヒット、2作品合計で累計1,719万本
  • Wiiの販売ペースは米国据置ゲーム史上最速
  • Wiiは月産180万台で、今後もこのペースを維持
  • PSP新型の発売はDSの売れ行きに影響を及ぼしていない
  • Wiiは他機種の値下げ時期でも売り上げを落としてない
  • 2007年度のDSソフト売り上げ予想は1億6,500万本、Wiiは9,700万本
  • 12月にWiiショッピングチャンネルの「プレゼント機能」追加、他の人にソフトをプレゼントできる。
  • Wii「TV番組表チャンネル(仮)」を2008年3月までに提供
  • 小売店のDSステーション以外にもDS用の無線配信拠点を増やしたい

絶好調という話題以外には、ショッピングチャンネルの新機能と番組表チャンネルが気になるところ。リリースが楽しみだ。
せっかくなので、プレゼント機能が開始されたら、当サイト上で抽選をして何人かに実際にプレゼントしてみようかと思う。

説明会の後には質疑応答が行われ、任天堂の岩田社長や取締役が質問に答えている。そこで、妙な質問が飛び出した。

Q3:最近車を買わずにDSを買う若者が増えているというニュースを聞いたことがある。車の購入価格がゲーム機に向かうと、ハードだったら50台、ソフトだったら300本位売れるという膨大なマーケットが発生する。車に乗らなければ地球温暖化も止まる。こういう面から見て、私は来年任天堂とトヨタの時価総額が逆転するという想定をするのだが、これについてはどう思うか。
株主・投資家向け情報:経営方針説明会・中間決算説明会 質疑応答


…質問の内容が理解できないのは自分の理解力不足だろうか?

最近車を買わずにDSを買う若者が増えているというニュースを聞いたことがある。

車とDSでは全く競合しないと思うのだが、どこでこんなニュースが報道されたのだろうか。このようなサイトを運営している立場上、さまざまなツールを駆使して、任天堂やDSやWiiに関する国内外のあらゆるニュースを日々チェックしているのだが、これに類するニュースは全く目にしていない。
車の売れ行きが落ちているニュースとニンテンドーDSの売り上げが伸びているニュースを一度に見て誤解してしまったのかもしれない。

車の購入価格がゲーム機に向かうと、ハードだったら50台、ソフトだったら300本位売れるという膨大なマーケットが発生する。

仮に、車の購入をやめたとして、それをゲーム機に全部つぎ込む人がどれほどいるだろうか…。多くの若者は車を一括払いではなくローンで買うと思うのだが、ゲーム機をローンで買う人はあまり見かけない。
たとえ話にしても飛躍しすぎだ。恐ろしい。

車に乗らなければ地球温暖化も止まる。

そりゃそうかもしれないが、ゲーム機や、ゲーム機を動かすための電気を生み出すときにも温室効果ガスは出てる。
まあ、度合いで言えば自家用車のほうが排出量が多いだろうけど。

こういう面から見て、私は来年任天堂とトヨタの時価総額が逆転するという想定をするのだが、これについてはどう思うか。

トンデモ話が矢継ぎ早に出た後で、締めに入っているが、話が繋がっていないような気がする。どこが「こういう面」なのか。

「どう思うか」といわれても、自分だったら「あなたが心配です」としか答えようがない。

それに対する岩田社長の回答

一人でゲーム機はなかなか何十台も買っていただけないと思いますし、時価総額は私たちが決めることではなくて、マーケットのご評価で決まることなので、何とも申しあげられませんが、 ただ私自身、日本市場でのDSやWiiの販売が非常に順調にきたという状況から、「今は一時ほどの勢いがないね」っていうことを今日本の市場の中で言われているなかで、「いや、ここで止まっておしまいじゃないようにできるはずだ」というふうに思ってやっておりますので、市場の皆様に少しでもご評価いただけるようにがんばりたいと思います。

いたって冷静。よくここまで切り返せるなあ。


スポンサーリンク
関連記事


この記事の前後の記事
2007年11月01日:本日発売!スーパーマリオギャラクシー
2007年10月28日:amazonさん、週刊モーニングデビュー

最新記事
2017年11月03日:スーパーマリオオデッセイの発売に寄せて
2017年10月18日:マリオカートVRに新たなエンターテインメントの可能性をみた
2017年08月31日:会場を借りて誕生日パーティを開いた
2017年07月07日:私はキンプラに殺された
2017年06月30日:任天堂株主総会レポート2017
2017年06月20日:「映画 山田孝之3D」はとんでもない映画だった
2017年05月25日:ARMSはSplatoonの背中に追いつけるか?
2017年04月14日:amazonの検索結果からボッタクリ価格業者を消す方法
2017年03月29日:1-2-Switchは最高のパーティゲーム
2017年03月04日:Switch発売に寄せて


トラックバック

» スーパーでギャラクシーなブログへようこそ! from TAT
いやー、マリオギャラクシー発売されましたね。 Wii持ってないのにWiiリモコンなら2本持ってるオレとしては マリオでギャラクシーなこのソフトを見逃す... [Read More]

コメント

短絡的で論理にかなり飛躍がありますが、それほどクレイジーでも病的でもないと思います。筋道立てて考えるのが苦手な人かもしれないし、緊張していたのかもしれない。何か言いたかったけど、うまいことが思いつかなかったのかも。ですから、特に取り上げる価値のある発言ではないのではないでしょうか。(私は仕事で創造科学だとか宗教にハマってしまった人だとか、そのほか非論理的な方々を相手にしているのでこのくらい大したことがないと思ってしまうのかもしれませんが、この手の話題は気をつけないと嘲笑のニュアンスが出てしまいがちです)

同時期のソニーの決算報告と比べ、和やかな雰囲気の質疑応答でしたね。

ソニーでの質疑応答では、全て投資会社からの質問で、曖昧な返答に会場の人達が落胆しているようでした。

任天堂も数年前まで、つらい時期を過ごした事を思うとよくここまで変革出来たものだと感心します。

質疑応答で、中国進出についてコメントを引き出したのが一番収穫でした。

目の付けどころは面白いと思いますが、車の購入費がゲームに向かったら・・・という仮定はちょっと無理がありますね(笑)
車を買わなくてもレースゲームで満足してしまうとかなら、まだ分かるんですが。(まぁそんな人いないと思いますが

先日朝日新聞の報道で、
「任天堂の株式時価総額は25日の終値で、トヨタ自動車、三菱UFJフィナンシャルグループに次ぐ国内3位となっている。」
(参照http://www.asahi.com/business/update/1025/OSK200710250065.html)
というのを目にしました。
私の憶測ですが、もしかしたら質問者は
任天堂の時価総額がトヨタを抜くかもしれないですね、と言いたかったのではないでしょうか?

冷静というか全然答えになっていない

車が売れない言い訳として
携帯電話にお金がかかってしょうがないからだ
という話なら聞いたことがある気がします

この質問にはまず答えようが無いような気が・・・

修理依頼のやりとりで、
 『なんで日本ではホワイトヒンジ割れ公表しないの?』
と言ったら、スルーされた。

アサヒか毎日のアホ論理と一緒だな。
ネタ欲しさのアサヒった野郎の質問だな。

>冷静というか全然答えになっていない
全然質問になっていないの間違いでは

こんな質問をされて冷静に切り返せる人って尊敬できるわぁ~
答えに詰まったりしそうなものだけど、しっかり受け答えた後、ちゃっかり話をそらしている辺りがうまいと思いますよ~

別に取り上げるような内容でもないですなぁ

この記事に結構な時間を費やしたでしょうけど
お疲れさまでした(笑

質問者さんは岩田社長から「トヨタの時価総額を抜くことを目標にしている」的な回答を引き出して「任天堂、次なる目標はトヨタ!ソニー、MS眼中無し」みたいな見出し記事を作りたかったんですかね?

取り上げるほどでもないとおっしゃるヒトもいるけど、こーゆーアホな質疑を引き合いに出しても全然おかしくはないと思うけどな。質問者の質が下がってるっていう話しは他でもよく聞く話しだし。

っていうか、サイト主さんはそれに対する岩田社長の切り返しにフォーカスを当てたかったんじゃないかな?

こーゆー応えようのない質問でも内心はどー思ってるかわからないけど、「ばかじゃね?」って態度示さないで(どこかのトップなら態度に出しかねないですけど)ちゃんと応じつつ、ちゃっかり話題逸らして自分が世間に向けてPRしたいことしっかりPRしてる抜け目なさ。岩田社長、やっぱりええわ。

ソツのない切り返しをする岩田社長は流石ですね。
山内組長だったらどんな風に応答したでしょうか?w

「『車に乗ること』を趣味や道楽として「休日の過ごし方」にする若者の傾向に関して、

 昨今の車購入者の年齢層をみると、彼ら若者の『余暇の過ごし方』が、『車を購入して楽しむ』ことから、『DS(やWii、PSPやPS3、Xb360)などのゲーム機を購入してゲームを楽しむ』へと、その傾向が移り変わっているように思われる。

 その結果として、若者層を中心として、車の販売台数が伸び悩んでいき、かつての『車購入資金』が『ハードとゲームソフトの購入資金』へと変遷する結果として、
将来トヨタと任天堂の時価総額が逆転するのではないか、と自分(質問者)は見ているが、岩田社長は『傾向の移り変わり(=こういう面(?))』について、どう思っているだろうか。また、『時価総額の逆転』を目的として視野に入れているかどうか。」

という事を、質問者は言いたかったのではないでしょうか。

上記内容が真実かどうかは定かではないですし、また、質問者が相手に自分の言いたい事を伝え切れていない事は確かですが、

だからと言って、「自分だったら『あなたが心配です』としか答えようがない。」と“相手を見下した発言”と読み手に取られかねない物の言い方は、いかがかと思います。


>たとえ話にしても飛躍しすぎだ。恐ろしい。

冒頭で私が述べた内容が質問者の本意であれば、たとえ話として飛躍しすぎているわけではないと思いますが、
・・・私は質問者を擁護しすぎでしょうか…。

妙な質問はどんな場でも起きる可能性があるわけで、反対に、どんな人でもする可能性はあるわけです。
たまたま、知識があったから判断できただけで、判断できないことも普通にあり得るのです。

ですから、時価総額が反転するという事について、BLOG主さんはタッチすることが出来ないわけです。
それも含めて、「なぜ飛躍しすぎなのか」説明出来ないのではないでしょうか?

何事も簡単に評価をしてしまうのは、悪癖ですので止めた方がよいですよ。

質問者の不思議な発言をからかっておいた後
自分にはこんな応答をする能力はない
社長は凄いな
という事でしょう
なかなか出来たものではありません

ああ、俺の知人に二人いますね。車はイラン。免許も不要。ゲーム買う方がいいや、っての。
で二人ともカナりの変人ではありますが、そういう人が増えてるんかね?

この切り返しからも優秀な人間だとうかがえますね。任天堂の社長が切実なこの人でよかった!会社内では鬼だったりするかもしれませんが、ゲームをさわる我々を大切にしてくれている。ありがたい事です。

基本的に個人株主で質問する人は
基本的な知識・マナーがなかったり
おかしな人が多いのでその範疇かと。
IRの人も毎日電話で大変なんですよw

時価総額の見通しなんて聞くなw
市場が勝手に決めるだけの話なんだからw
せいぜいちゃんと評価されやすいように
IRしっかりやってねぐらいだろ。
(任天堂は既に十二分にやってるけど)

ただ、車で遊び行く時間とゲームで
遊ぶ時間の奪い合いは一定程度
当然起こるわけだから話の筋は
わからなくもない。
(なんせ、社長もゲーム以外の
娯楽がライバルとか言ってた記憶もあるし。)

ただそれでゲームの新規購入なんてのは
微々たるレベル。というか低コストで
暮らすのが時代の流れだろ


なんて答えて欲しかったんだろ?w

岩田「トヨタ?2年で抜くよ」

プレミアDSの事でシリアルナンバーは有効期限が切れていなければ良いのですか?

プレミアDSの事でシリアルナンバーは有効期限が切れていなければ良いのですか?

コメントする

※無記名投稿またはそれに準じる名前での投稿は、内容にかかわらず削除することがあります


- N-Styles -