2007年04月30日

レビュー:「花男と花女」


スポンサーリンク

タイトル:花男と花女
開発:任天堂ゲームセミナー2006(Dチーム)
配布期間:2007年4月19日~5月2日
価格:無料

2006年度のゲームセミナーの生徒作品はこれが最後。生徒作品には妙な作品が勢揃いなのだが、「男女ペア専用」という前代未聞の制限をもうけたこのソフトはそのなかでも異彩を放っている。

ニンテンドーDSのマイク機能をとても嫌な方向に活用しており、ゲームをプレイしているのか、羞恥プレイしているのかわからなくなることうけあいだ。


ゲームは男女二人が互いに名前を呼び合うところから始まる。声が小さいと再度名前を呼ぶように強要されるので、恥ずかしがってはいけない。どうせなら叫ぶぐらいじゃないと。

ゲームそのものはアドベンチャーゲーム風味で、随所で男女それぞれにマイクに向かって話しかけるように要求してくる。ストーリーが進むにつれて「相手の良いところ」「何フェチ?」「ネズミの真似」とだんだんと妙なことを言わされる。

弁当を食べさせるというシチュエーションでは「あ~~~ん」とマイクに向かって言わなくてはいけない。上画面に出てくる登場キャラはタイトルの通り、花のような頭部なのだが、弁当を食べるときには花弁が大きく開いてバクッと食らいついてしまう。クリオネのようで怖い。

そんな羞恥プレイを続けて最後まで到達するとふたりの相性が表示される。さらにプレイ中にDSに向かってしゃべった恥ずかしい録音が再生されるというおまけ付き。

こんなもん一緒にやってくれるような女性は周りにいないので、というか居たとしても2人でやるはずがないわけで一人でやったんだが、終わったときにものすごい脱力感に襲われた。なんだこの拷問。

「今までにない作品」という基準で考えれば文句なしに前人未踏の領域に踏み込んでいるので、そこは評価できるが、あまりに先進的すぎて自分の理解の範疇を大幅に外れていたので、正当な評価が出来そうにない。こういった新しい着想から新しい可能性が生まれてくることは否定できないが、これをもとに何か商業作品が生まれてくるかと問われると首をかしげざるを得ない。ちょっと奇抜すぎるかなあ。

今回のスタッフは以下の通り。

DIRECTOR
 KUBO KENTA
SUB DIRECTOR
 MORIYAMA AYANO
DESIGN
 SAWADA MAIKO
 DEYAMA HIROMI
PROGRAM
 NAGIHASHI TOHRU
 MIZUKAMI AKIRA
 MURASE TATSUYA
SOUND
 AOKI MASAHIRO

関連記事
 生徒作品レビュー一覧


スポンサーリンク
関連記事


この記事の前後の記事
2007年04月30日:バーチャルコンソール5月のラインナップ発表。5月はスーパーファミコン0本
2007年04月30日:「どきどき魔女神判!」がamazonでとんでもないことに!

最新記事
2017年10月18日:マリオカートVRに新たなエンターテインメントの可能性をみた
2017年08月31日:会場を借りて誕生日パーティを開いた
2017年07月07日:私はキンプラに殺された
2017年06月30日:任天堂株主総会レポート2017
2017年06月20日:「映画 山田孝之3D」はとんでもない映画だった
2017年05月25日:ARMSはSplatoonの背中に追いつけるか?
2017年04月14日:amazonの検索結果からボッタクリ価格業者を消す方法
2017年03月29日:1-2-Switchは最高のパーティゲーム
2017年03月04日:Switch発売に寄せて
2017年02月14日:ニンテンドーSwitchと一緒に買っておきたいもの


コメント

一人でやったらそりゃ厳しいと思いますけど・・・

いや~、このレビューを拝見して、大うけしました。
ものすごく、やってみたいです このゲーム。

あれっくすさん、一緒にやりましょう(^^)

コメントする

※無記名投稿またはそれに準じる名前での投稿は、内容にかかわらず削除することがあります


- N-Styles -