2007年03月29日

アリカがニンテンドーDS版「ケツイ~絆地獄たち~」を発売!?


スポンサーリンク

アリカの三原一郎氏がニンテンドーDS版「ケツイ~絆地獄たち~ デスレーベル」の動画を公開した。これはダウンロードプレイ用のもので、コピーライトにはアーケード版の発売元であるCAVEとDEVELOPMENT BY ARIKAの文字が見える。

ケツイ~絆地獄たち~は2002年にアーケード用ソフトとしてリリースされたシューティングゲームで、2003年7月に携帯電話に移植されたものの、アリカが移植作業を進めていたプレイステーション2版は開発中止になり、家庭用では発売されていない。

今回の「デスレーベル」は、アリカが移植を行ったプレイステーション2版「怒首領蜂 大往生」に収録されたボス戦のみプレイできるデスレーベルモードと同様、ボス戦のみ収録しているものと思われる。三原氏が公開した動画を見ると、アーケード版を見事に再現した弾幕がものすごいことになっている。

「ケツイ~絆地獄たち~ デスレーベル」についての詳細は明らかにしておらず、実際に製品化されるかどうかは不明。

このソフトに対して三原氏は

当日はアリカさんの人がアンケートとかお願いすると思うので
真摯に答えてたもれ。
販売を検討する為の試作です。
完全移植系ではありませんが、体験してもらえば理解してもらえると思います。

と記載している。結構良い感じに開発が進んでいるのかも。

この「ケツイ~絆地獄たち~ デスレーベル」はmixiのゲーマーズラウンジコミュニティで3月31日に行うイベント「第11回ゲーマーズラウンジ」で配信される模様。イベント参加にはコミュニティへの参加が必要となる。会場は秋葉原UDXの東京フードシアター5+1。

ゲーマーズラウンジが何なのかについてはmixiの紹介文を引用すると

「ゲームに関連するありとあらゆる人たちの交流の場」です。
自分で作ったゲームソフト、新製品の映像、音楽、自分のスーパープレイムービー、その他モロモロを持ち寄っていただいてみなさんで楽しもう!というイベントです。
企業の方は、自社製品のプロモーションの場に、プレイヤーの方はコミュニケーションの場所としてご利用ください。

ということらしい。


スポンサーリンク
関連記事


この記事の前後の記事
2007年03月30日:Mii刻印Wiiリモコン電池カバーが届いた
2007年03月29日:セガと任天堂がWiiとDSで「マリオ&ソニック in 北京オリンピック」を開発

最新記事
2018年02月01日:マリオカート7 7年度連続ミリオン達成
2018年01月19日:ダンボールとゲーム機の融合、NINTENDO LABOのここがすごい
2017年12月31日:2017年、よかったもの
2017年12月27日:Google HomeはAmazon Echoよりも優秀(いまのところ)
2017年12月15日:「スターウォーズ 最後のジェダイ」を2回観た(ネタバレなし)
2017年11月03日:スーパーマリオオデッセイの発売に寄せて
2017年10月18日:マリオカートVRに新たなエンターテインメントの可能性をみた
2017年08月31日:会場を借りて誕生日パーティを開いた
2017年07月07日:私はキンプラに殺された
2017年06月30日:任天堂株主総会レポート2017



- N-Styles -