2007年01月10日

韓国版ニンテンドーDSにネクソン社参入、メイプルストーリーを開発


スポンサーリンク

韓国のネクソン社はニンテンドーDSに参入することを発表した。また、参入第一弾としてパソコン向けの横スクロールアクションRPG「メイプルストーリー」を発売予定であることをあわせて発表した。

メイプルストーリーは多人数同時接続型オンラインロールプレイングゲームで、アジア・北米・ヨーロッパの58ヶ国でサービスを展開しており、全世界で5000万人以上、日本でも140万人以上の会員がいるという。アバターと呼ばれるプレイヤの分身を利用できること、ユーザの多くが低年齢層であることが特徴的だ。

ニンテンドーDS版のメイプルストーリーは、韓国で2007年度に発売予定で、その後各国へのローカライズを行っていくという。日本での発売は今のところ未定。また、ニンテンドーDS版がWi-Fiコネクションに対応するかどうかも不明。PC版との連携があるかどうかも不明。

任天堂は2006年7月7日に韓国のソウルに韓国任天堂を設立しており、1月18日にニンテンドーDS Liteを発売予定。日本版のカラーバリエーションからエナメルネイビーを除いた4色を発売し、価格は150,000ウォン(約19,000円 )。同時発売ソフトは"Brain Age"(脳を鍛える大人のDSトレーニング+数独)の韓国語版(28,000ウォン、約3,500円)と、"英語漬け"の韓国語-英語版(33,000ウォン、約4,200円)。2007年後半にはWiiも発売予定としている。

韓国はネットワークゲームに強い国という印象があるが、ニンテンドーDSやWiiが韓国に上陸していくことで、ネットワークゲームのメーカーの参入が増えていきそうな予感がする。任天堂もネットワークに対応したソフトをたくさんリリースしているが、韓国のメーカーが任天堂とはまた違った使い方でネットワークを活用してお互いに刺激しあえれば、家庭用ゲームにおけるネットワークの活用法に新たな道が開けてきそうな気がする。気がするだけ。


スポンサーリンク
関連記事


この記事の前後の記事
2007年01月10日:Wiiの国内累計販売台数が100万台を突破
2007年01月10日:ホリエモンもWiiに熱中?!

最新記事
2017年06月20日:「映画 山田孝之3D」はとんでもない映画だった
2017年05月25日:ARMSはSplatoonの背中に追いつけるか?
2017年04月14日:amazonの検索結果からボッタクリ価格業者を消す方法
2017年03月29日:1-2-Switchは最高のパーティゲーム
2017年03月04日:Switch発売に寄せて
2017年02月14日:ニンテンドーSwitchと一緒に買っておきたいもの
2017年01月20日:IMAX版「君の名は。」は2倍泣ける
2017年01月19日:ニンテンドーSWITCHを確実に手に入れるにはどうしたら良い?予約はどこで?
2017年01月16日:任天堂はSWITCHにどんな未来を託したか?
2017年01月01日:2016年に観た映画ランキング


コメント

やっぱPC版のIDをそのまましようしたいですね

コメントする

※無記名投稿またはそれに準じる名前での投稿は、内容にかかわらず削除することがあります


- N-Styles -