2006年12月16日

回収対象のWiiストラップを1円で判別する方法


スポンサーリンク

先ほど書いたように、Wiiのストラップが無償交換されることになった。交換対象はリモコンと接している部分のヒモの直径が0.6mmのタイプ。最近出荷されたリモコンには1mmタイプが付属しているという。

任天堂が写真を公開しているが、どうにも分かりづらい。一応製造番号を見れば分かるようになっているが、はじめてのWii付属品や単品売りのWiiリモコンでは製造番号の記載がないため、本体付属のストラップと見比べる必要がある。

そこで、簡単に見分ける方法を考案した。

1円玉を使う。

1円玉とWiiリモコン

1円玉の厚みは1.2mm
交換対象のWiiリモコンストラップは直径0.6mm
1円玉はちょうど2本分の厚みということになる。

手元に定規がないうえに、製造番号をみるのも面倒だったので自分のストラップが0.6mmか1mmか判断できない状態だったが、これなら出来そうだ。
というわけで、実際に並べてみた。

こんな感じ

0.6mmのヒモ2本と、1.2mm厚の硬貨

ピッタリ、同じサイズだ。
交換対象かぁ。

はじめてのWiiに付属したWiiリモコンも見てみた。……こっちもかよ

というわけで2本の交換の申請をしてみた。
後ほど交換用ストラップと返送用の封筒が送られてくるはず。


スポンサーリンク
関連記事


この記事の前後の記事
2006年12月17日:ドラゴンクエストIXの開発中動画を期間限定公開
2006年12月16日:Wii用のストラップ、320万本を自主回収

最新記事
2017年05月25日:ARMSはSplatoonの背中に追いつけるか?
2017年04月14日:amazonの検索結果からボッタクリ価格業者を消す方法
2017年03月29日:1-2-Switchは最高のパーティゲーム
2017年03月04日:Switch発売に寄せて
2017年02月14日:ニンテンドーSwitchと一緒に買っておきたいもの
2017年01月20日:IMAX版「君の名は。」は2倍泣ける
2017年01月19日:ニンテンドーSWITCHを確実に手に入れるにはどうしたら良い?予約はどこで?
2017年01月16日:任天堂はSWITCHにどんな未来を託したか?
2017年01月01日:2016年に観た映画ランキング
2016年12月31日:2016年買ってよかったもの


コメント

私は本体が0.6mmではじめてのWiiは1.0mmでした。そもそも太さも長さも違うので、はじめてあけたときから2種類あるというのが一目瞭然の状態だったわけで。

0.6mmの方は電池がMaxell、1.0mmはPanasonicて感じでした。
初期出荷の方はストラップと電池に共通点があるような気がします。ほかにもこんな関係あったって話聞きましたし。

エネループ使っているので、電池は未開封のまま保管していましたが、今見たら両方ともマクセル製ですねえ。

はじめまして、うーのと申します。
私は本体が0.6mm、はじめてのWiiが1.0でしたが、電池は両方Panasonicでした。

細いのは電池がマクセルかと思ったんですが、ちょっと違うみたいですね…

こういう見分け方があるとは感心しました(笑)
我が家は切ってしまうような危険人物がいないので、このままにしようと思ってます。
電池は、「本体同梱・はじめてのWii同梱」と「リモコン単体」とで違う思います。多分・・・

コメントする

※無記名投稿またはそれに準じる名前での投稿は、内容にかかわらず削除することがあります


- N-Styles -