2006年09月25日

次世代ゲーム機購入金額シミュレータ


スポンサーリンク

Wii購入金額シミュレータ改め、次世代ゲーム機購入金額シミュレータを作った。

※2006/10/04 発表されたPS3ソフト、ハード代金を追加。

東京ゲームショウに合わせて、PLAYSTATION3の価格改正やXbox360のHD DVDプレイヤーの価格発表など、刺激的な話題が飛び交う今日この頃、結局いくらぐらい予算を用意すればいいの?という疑問をスッキリ解決するために活用していただけると幸いだ。

行き当たりばったりでコードを書いた上に、ろくに検算していないので計算ミスがあるかも。

WindowsXPのIE6とFireFoxとOperaで動作確認済み。Safariでも動くらしい。ついでにNINTENDO DSブラウザーでも動作確認済み。ちょっとモッサリしたうえにレイアウトが妙な感じになっていたが、計算はできた。例によって例のごとく、携帯用サイトからは見られません。ごめんなさい。

※このページはhttp://n-styles.com/calc/でもアクセスできます。

[使い方]
1.「↓表示↓」を押す
2.買う予定の商品にチェックを入れる、または個数を選ぶ
3.商品名、価格が入力されていないところは予想して穴埋めする
4.計算ボタンを押す

次世代ゲーム機購入金額シミュレータ
値引き率 % OFF
本体の値引き率
(Xbox360 HD DVDプレイヤ含む)
% OFF
Wii
Wiiポイント のこり0ポイント
Wii小計 定価:0
値引き額:-0
値引き後:0
プレイステーション3
プレイステーション3小計 定価:0
値引き額:-0
値引き後:0
Xbox360
Xbox360小計 定価:0
値引き額:-0
値引き後:0
全機種合計
定価:0
値引き額:-0
値引き後:0
結果表示

金額が変更できない商品はすでに定価が確定しているもので、可変になっているものは価格未定。既に数字が入力されているものは勝手に予想した金額。プレステ3の"高いほう"が49,980円に値下がりしたので、オープンプライスの"もっと高いほう"の価格は、北米での価格差が100ドルということから、日本では+10,000円程度と考え、60,000円と設定した。Xbox360のソフトは独断と偏見によるチョイス。不満がある人はその他欄を活用していただきたい。

Wii購入金額シミュレータでは分かりづらいコントローラの台数をカウントする機能を付けていたが、今回は面倒なので実装していない。その代わり、要望のあった「本体とそのほかの値引き率を個別に設定」機能を実装した。なお、Xbox360のHD DVDプレイヤーは本体と見なした。

プレイステーション3用のソフトはとりあえず11月11日に発売すると発表されているものだけ入れた。グランツーリスモHD等を買う人は、その他欄でどうぞ。

スポンサーリンク
関連記事


この記事の前後の記事
2006年09月27日:次世代ゲーム機購入金額シミュレータ使用例
2006年09月22日:東京ゲームショウ開幕

最新記事
2017年05月25日:ARMSはSplatoonの背中に追いつけるか?
2017年04月14日:amazonの検索結果からボッタクリ価格業者を消す方法
2017年03月29日:1-2-Switchは最高のパーティゲーム
2017年03月04日:Switch発売に寄せて
2017年02月14日:ニンテンドーSwitchと一緒に買っておきたいもの
2017年01月20日:IMAX版「君の名は。」は2倍泣ける
2017年01月19日:ニンテンドーSWITCHを確実に手に入れるにはどうしたら良い?予約はどこで?
2017年01月16日:任天堂はSWITCHにどんな未来を託したか?
2017年01月01日:2016年に観た映画ランキング
2016年12月31日:2016年買ってよかったもの


コメント

Safari使ってますが動きましたよう

一時的に動作しなくなっていたので修正しました。
ついでにPS3ソフトの価格も追加してます。

コメントする

※無記名投稿またはそれに準じる名前での投稿は、内容にかかわらず削除することがあります


- N-Styles -