2002年08月24日

斑鳩、ゲームキューブでも発売


スポンサーリンク

トレジャー開発のシューティングゲーム「斑鳩(いかるが)」のドリームキャスト版が9月5日に6800円で発売されるが、2003年1月にゲームキューブでも5800円で発売されることが決定した。

ドリームキャスト版はトレジャーが発売するが、ゲームキューブ版はインフォグラムジャパンが発売元となる。また、インフォグラムジャパンはアタリショックで有名な老舗ゲームブランド「ATARI」の名称使用権を取得しており、このブランド名での販売戦略を世界的に行っているため、斑鳩の発売元はATARIということになる。

移植はドリームキャスト版と同じくトレジャー自らが行う。ドリームキャスト版ではモニタの縦置きも可能な忠実な移植と共にプロトタイプモードの追加も行っているが、それらのモードがゲームキューブでも楽しめるかは不明。それ以外でゲームキューブ版だけのオリジナル要素は用意されているとのこと。

個人的に大好きなゲームなので大歓迎。任天堂発売でNINTENDO64「罪と罰」を開発したトレジャーが今後どのようにゲームキューブに関わってくるか気になるところ。

TOPICS(トレジャー)
 └Dreamcast版「斑鳩 IKARUGA」
GAMECUBE版「斑鳩」がアタリブランドで発売決定(GAMESPOT)


スポンサーリンク
関連記事


この記事の前後の記事
2002年08月24日:チケットあるヨー。スマブラオーケストラコンサート
2002年08月24日:「ZOIDS VS.」初回限定で特別カラーリングのゾイドが付属

最新記事
2017年11月03日:スーパーマリオオデッセイの発売に寄せて
2017年10月18日:マリオカートVRに新たなエンターテインメントの可能性をみた
2017年08月31日:会場を借りて誕生日パーティを開いた
2017年07月07日:私はキンプラに殺された
2017年06月30日:任天堂株主総会レポート2017
2017年06月20日:「映画 山田孝之3D」はとんでもない映画だった
2017年05月25日:ARMSはSplatoonの背中に追いつけるか?
2017年04月14日:amazonの検索結果からボッタクリ価格業者を消す方法
2017年03月29日:1-2-Switchは最高のパーティゲーム
2017年03月04日:Switch発売に寄せて



- N-Styles -