2002年03月11日

スクウェア、任天堂ハードへのソフト供給 続報


スポンサーリンク

スクウェアがゲームボーイアドバンスとゲームキューブにソフトを供給することに関して、スクウェアがニュースリリースを掲載し、任天堂もコメントを出した。

ソフト発売のために設立されるソフト企画開発会社「ゲームデザイナーズ・スタジオ」は資本金1000万円のうちスクウェアが49%を出資、河津秋敏氏が51%を出資する。実際の開発はスクウェア内の部署で行われ、新会社はファンドキューからの開発資金調達のためのペーパーカンパニーのようだ。

発売されるソフトはファイナルファンタジーシリーズの作品が今年のクリスマスにゲームボーイアドバンスとゲームキューブ連動で最初に発売され、そのほかに2本のゲームボーイアドバンス用ソフトが予定されている。そのうち1本は「ファイナルファンタジータクティクス」であると任天堂広報が発言した。一方のスクウェアはこれらを含めて2002年度内に3~4本のゲームボーイアドバンス用ソフトを発売するとしている。

今年のスペースワールドでスクウェアのブースができるのも夢じゃないかも。物販コーナーでチョコボ売ったりして。

会社情報(スクウェア)
スクウェア関連ニュース第3報!『ファイナルファンタジー』の新作も発売決定!? (ファミ通.com)
スクウェア、ゲーム企画開発会社を設立しGBAへのソフト供給を検討(GAMEWATCH)
GAMECUBEに「FF」が出る!? 任天堂がコメント(GAMESPOT)


スポンサーリンク
関連記事




- N-Styles -