2001年12月13日

どうぶつの森(64版)→どうぶつの森+(ゲームキューブ版)のお引越しの概要


スポンサーリンク

サービスの開始は以前書いたとおり、1月10日から。任天堂の各営業所に必要なものを送る事によってデータを移す事が出来る。

必要なものは以下の通り
・630円分の切手(料金として)
・「おでかけ」状態にした64版のコントローラパック
・どうぶつの森+のデータの入ったメモリーカード
 注:村の記録作成済みで、空き家があり、同じ名前のプレイヤーが居ない事が条件。

単純に持ち物を移行するわけではなく、64版のプレイヤーがそのままゲームキューブ版に引っ越してくる事になるようだ。サービスとして、引っ越し先の部屋に「アイスクライマー」のファミコン家具が備え付けられる事になる。64版では雑誌でのプレゼントとなっていたレアアイテム。

一部の家具が名称変更になったり、移行できない家具もあるので任天堂のサイトの注意事項をよく確認してから郵送しよう。

しかし、12月に発売してプレイし始めて1月に64版のキャラが引っ越してくる事になると、どっちをメインにするか迷う気がする。

情報提供:ドラゴンコインさん、Kさん
『どうぶつの森』データお引越しサービス(任天堂)

購入:どうぶつの森+
購入:GBAケーブル


スポンサーリンク
関連記事


この記事の前後の記事
2001年12月14日:ゲームキューブ、来年4月にヨーロッパ上陸
2001年12月13日:小ネタいろいろ

最新記事
2018年03月31日:SideM沼と私
2018年02月01日:マリオカート7 7年度連続ミリオン達成
2018年01月19日:ダンボールとゲーム機の融合、NINTENDO LABOのここがすごい
2017年12月31日:2017年、よかったもの
2017年12月27日:Google HomeはAmazon Echoよりも優秀(いまのところ)
2017年12月15日:「スターウォーズ 最後のジェダイ」を2回観た(ネタバレなし)
2017年11月03日:スーパーマリオオデッセイの発売に寄せて
2017年10月18日:マリオカートVRに新たなエンターテインメントの可能性をみた
2017年08月31日:会場を借りて誕生日パーティを開いた
2017年07月07日:私はキンプラに殺された



- N-Styles -