2001年11月27日

任天堂山内社長が私財を投じてベンチャー支援


スポンサーリンク

任天堂の山内溥社長が200億円の私財を投じて「ファンドキュー」という名称のベンチャー支援ファンドを来年早々にも設立する。

ファンドキューはゲームキューブやゲームボーイアドバンス用ソフトを開発するベンチャー企業を支援する。開発期間は1年をめどにしているという。

ファンドとは多数の投資対象に対して一括に投資を受け持ちそれを配分する仕組み(たぶん)。この場合、投資対象がベンチャー企業で、投資するのは山内社長ということになるのだと思う。募集や応募案件の審査などは任天堂が受け持つ。

来年ファンドをスタートさせて開発期間を1年ぐらいとしているので再来年にはファンドキュー生まれのソフトが遊べることになるのだろうか。首を長くして待つことにしよう。

任天堂の山内社長、私財200億円でベンチャー支援ファンド設立(Yahoo/ロイター)


スポンサーリンク
関連記事


この記事の前後の記事
2001年11月29日:「Q」が予約打ち切り寸前
2001年11月27日:速報スマブラ拳更新、隠しキャラ紹介開始

最新記事
2017年11月03日:スーパーマリオオデッセイの発売に寄せて
2017年10月18日:マリオカートVRに新たなエンターテインメントの可能性をみた
2017年08月31日:会場を借りて誕生日パーティを開いた
2017年07月07日:私はキンプラに殺された
2017年06月30日:任天堂株主総会レポート2017
2017年06月20日:「映画 山田孝之3D」はとんでもない映画だった
2017年05月25日:ARMSはSplatoonの背中に追いつけるか?
2017年04月14日:amazonの検索結果からボッタクリ価格業者を消す方法
2017年03月29日:1-2-Switchは最高のパーティゲーム
2017年03月04日:Switch発売に寄せて



- N-Styles -