2006年12月27日

ファイナルファンタジー12レヴァナントウィングの動画公開


スポンサーリンク

スクウェアエニックスは、ニンテンドーDS用RPG「ファイナルファンタジーXIIレヴァナント・ウィング」の公式サイトで、ジャンプフェスタで公開した動画を掲載した。試しにWiiのインターネットチャンネルで見られるか確認したが、読み込みの途中で処理しきれなくなったらしく、強制的にスタートページに戻された。残念。

ファイナルファンタジーXIIレヴァナントウィング(以下FF12RW)は、プレイステーション2用ソフト「ファイナルファンタジーXII」(以下FF12)の後日談となる作品で、発売日および価格は未定。

キャラクタデザインが吉田明彦氏ではなく、伊藤龍馬氏になり、FF12とは雰囲気が違って見える。キャラクタもポリゴンではなくドット絵だが、FF12の特徴のひとつであるガンビットシステムは受け継いでいるようだ。未発表だったキャラクタもいくつか登場しているが、近日中に公式サイトに情報が載る予定とのこと。

また、FF12RWは「イヴァリース・アライアンス」と名付けられたシリーズ作品となる。同シリーズには1997年にプレイステーションで発売され、PSPでリメイクが予定されている「ファイナルファンタジータクティクス 獅子戦争」と、ニンテンドーDSで発売が予定されている「FINAL FANTASY TACTICS A2 封穴のグリモア」が含まれる。封穴のグリモア(読みはホウケツで良いのかな?)は、ゲームボーイアドバンスで2003年に発売されたファイナルファンタジータクティクスの続編となる作品。A2は「エーツー」なのか「アドバンスツー」なのかは不明。

イヴァリースとは、FF12の開発の中心人物だった松野泰己氏がスクウェアで制作したゲームに共通する世界の名称。松野氏はFF12の開発の途中で退社したため、イヴァリースアライアンスには携わっていないと思われる。ちなみに松野氏は9月のWiiの発表会(WiiPreview)のインタービュー映像でWiiでのアイデアを練っていると語っている

スクウェアエニックスが自ら、ファイナルファンタジー続々なんてページを作っているが、本当に続々だ。というか、ちょっと続々すぎやしないか。これだけ多くなると関連作品でもまったく違うスタッフが関わることになるんだなあ。


スポンサーリンク
関連記事


この記事の前後の記事
2006年12月29日:2006年任天堂10大ニュース
2006年12月27日:2006年のマイベストゲームトップ5

最新記事
2021年03月11日:シンエヴァを鑑賞した人たちを鑑賞した[ややネタバレあり]
2021年02月12日:藤子・F・不二雄「ノスタル爺」を読み解く
2021年01月18日:「呪術廻戦」単行本での加筆修正一覧(15巻まで)
2020年09月28日:「2.5次元の誘惑」がとにかく熱い
2020年04月08日:緊急事態宣言が発令された日の雑感
2020年04月05日:24年前、真賀田四季は「他人と実際に握手をすることでさえ、特別なことになる」と言った
2019年11月20日:例の裁判の判決を傍聴した
2019年09月18日:2019年の誕生日
2019年08月01日:衝撃的ニュースのあとに攻撃対象を探すのはやめよう
2019年07月11日:なぜSwitch Liteは7月に発表され、TVモードが削除されたのか


コメント

GBAのFFシリーズのリメイクで味を占めたのか、
スピンオフ作品やリメイクなど乱発気味に感じますね。


- N-Styles -