2007年01月26日

コーエーが「しゃべる! DSお料理ナビ」の続編を発表


スポンサーリンク

24日に、株式会社コーエーは2007年3月末までにニンテンドーDS用実践クッキングナビゲーションソフト「しゃべる! DSお料理ナビ まるごと帝国ホテル~最高峰の料理長が教える家庭料理~」を発売すると発表した。価格は未定。

今作は、任天堂から2006年7月20日に発売された「しゃべる! DSお料理ナビ」のレシピを帝国ホテルで実際に出される料理に差し替えたもの。帝国ホテル、および帝国ホテルに出店する料理店の協力を受け、約200種類のレシピのほか、「料理長のアドバイス」などのコンテンツも収録する。なお、「しゃべる! DSお料理ナビ」は任天堂の登録商標で、コーエーは任天堂からライセンスを受けて開発を行う。

GAMEWATCHによると、コーエーの襟川名誉会長が料理を題材としたニンテンドーDS用ソフトの開発を考えている間に任天堂に先を越され、話し合いを進めるうちにコーエーが帝国ホテルを題材としたソフトを開発することになったようだ。「まるごと帝国ホテル」のタイトルは任天堂の宮本茂氏が考案したという。また、襟川名誉会長は今後、「まるごと」の名前を冠したシリーズの開発を考えているという。宮本さんが名前考えたのに…。

任天堂からライセンスを受けて、他社が続編的なものを出すのは非常に珍しい。「バテンカイトス」や「シムシティ」など、逆のパターンはあったが。

今回の発表会見は帝国ホテルの富士の間で行われた。各ゲーム系マスコミサイトで、ゲーム画面やタイトル画面を一切出さずに料理や料理長の写真だけがずらずらと並んでいるのが印象的だ。


ものすごく余談なのだが、2年ぐらい前の新聞の片隅に次のようなことが書かれてあった。「マブチモーター社長宅殺人放火事件の容疑者2人は刑務所で服役中に知り合い、今回の事件の計画練った。計画では、襲撃対象としてマブチモーター社長のほか、横浜市にあるゲーム会社の社長夫妻などがあったと供述した」…と、まあこんな感じの記事。ネット上で当時の記事を探したが見つからないのでうろ覚えだが。

この、"横浜市にあるゲーム会社の社長夫妻"ってどう考えてもコーエーの話だよなあ。


スポンサーリンク
関連記事


この記事の前後の記事
2007年01月26日:「置く電池」でWiiリモコンを非接触充電
2007年01月20日:「逆転裁判4」は4月12日発売、9,240円の限定版も

最新記事
2021年03月11日:シンエヴァを鑑賞した人たちを鑑賞した[ややネタバレあり]
2021年02月12日:藤子・F・不二雄「ノスタル爺」を読み解く
2021年01月18日:「呪術廻戦」単行本での加筆修正一覧(15巻まで)
2020年09月28日:「2.5次元の誘惑」がとにかく熱い
2020年04月08日:緊急事態宣言が発令された日の雑感
2020年04月05日:24年前、真賀田四季は「他人と実際に握手をすることでさえ、特別なことになる」と言った
2019年11月20日:例の裁判の判決を傍聴した
2019年09月18日:2019年の誕生日
2019年08月01日:衝撃的ニュースのあとに攻撃対象を探すのはやめよう
2019年07月11日:なぜSwitch Liteは7月に発表され、TVモードが削除されたのか



- N-Styles -