2006年05月24日

欧州版ニンテンドーDS Liteに日本未発売カラー


スポンサーリンク

任天堂の欧州法人Nintendo of Europeが、6月23日にヨーロッパ地域でニンテンドーDS Liteを発売すると発表した。価格はイギリスが99.99ポンド、そのほかの地域が149.99ユーロ。いずれも現在の為替レートで21,000円程度。

発売されるのは「Stylish white」と「Sleek black」の2色。スタイリッシュホワイトは日本版のクリスタルホワイトとおそらく同じものだが、スリークブラックは日本未発売の黒モデル。プロモーションサイトで外観が確認できる。

なお、北米地域ではPolar Whiteの1色のみが129.99ドル(15,000円弱)で6月11日に発売される。

将来的に日本でも黒モデルが発売されるのだろうか?
過去のゲームボーイシリーズで数多くの海外専売カラーが発売されていることや、北米限定のニンテンドーDSエレクトリックブルーなどの存在を考えると、国内で黒モデルが発売されない可能性の方が高そうだ。

どうしても黒が欲しい人は輸入販売を行っている店を利用すると良いだろう。例えば前述のエレクトリックブルーも販売されており、現時点で日本未発売のメトロイドプライムハンターズなどのソフトも販売されている。ただ、最初は現地でも品薄が予想されるため、輸入品の価格はかなりの高額、場合によっては2倍以上になることを覚悟した方が良さそうだ。

また、販売圏が広まったことにより、最近は不定期でamazonに入荷したり、入荷日の昼前に家電店や大型玩具店行けば、並ばずとも購入できるようになったニンテンドーDS Liteが、国内でも以前のように超品薄になる可能性がある。4月には国内だけで100万台を販売したニンテンドーDS Liteが日本、北米、欧州の3地域の需要を満たせるほど生産できる体制が取れるのか心配だ。


スポンサーリンク
関連記事


この記事の前後の記事
2006年05月26日:Wiiの今年度販売予想は600万台、価格は25,000円以下に
2006年05月20日:レビュー:bioum(ビオウム)

最新記事
2021年03月11日:シンエヴァを鑑賞した人たちを鑑賞した[ややネタバレあり]
2021年02月12日:藤子・F・不二雄「ノスタル爺」を読み解く
2021年01月18日:「呪術廻戦」単行本での加筆修正一覧(15巻まで)
2020年09月28日:「2.5次元の誘惑」がとにかく熱い
2020年04月08日:緊急事態宣言が発令された日の雑感
2020年04月05日:24年前、真賀田四季は「他人と実際に握手をすることでさえ、特別なことになる」と言った
2019年11月20日:例の裁判の判決を傍聴した
2019年09月18日:2019年の誕生日
2019年08月01日:衝撃的ニュースのあとに攻撃対象を探すのはやめよう
2019年07月11日:なぜSwitch Liteは7月に発表され、TVモードが削除されたのか



- N-Styles -