2004年01月20日

仮復活


スポンサーリンク

何かちょっとやる気出たので更新
ニュースを拾ってくるまでの気力はないので年越しでプレイしたゲームの話でも。久しぶりなので文体が変

ナムコの「バテン・カイトス 終わらない翼と失われた海」をプレイ。んでもってクリアしたよ
システムの説明やらそんなのは公式サイトでも行きゃわかるんで感想だけにしとく

欠点探せばそりゃいくらでも見つかるんだろうけど、(少なくとも自分が)初めて見るシステムでこれだけ完成度を上げれば合格でしょ。ストーリに関しても特にケチを付ける必要もない出来。上の上ですね。悪いところをわざわざ探してリストアップするような後ろ向きなことをしても時間の無駄だし気分悪い。

かといって良いところを探そうとしても感じたことを言葉にすれば必ずゆがみが出るのでいまいち表現しにくい。たとえ話をしても対照物に対する認識が共通していないと結局伝わらないわけで。テンポ良くカードを裁くのがおもしろいとか、終盤からの展開が物語としておもしろいとか、映像が美しいとかありきたりなことしか書けないので、とりあえず自分が買うきっかけになったプロのライターの人の文章を読んだ方が良いでしょ。まあ、これも読みづらいんだけどね→GCゲームレビュー「バテン・カイトス ~終わらない翼と失われた海」

年末商戦である程度数を伸ばしたとはいえ、開発段階では明らかにシェアで劣っているはずのハードにこれだけの作品をぶつけてきたナムコには感謝したいところ。逆にどうしてゲームキューブで出す必要があったのか理解できないぐらいで。──こういう意見を書くのはゲームキューブを馬鹿にしているわけでも見限ったわけでもないのでご理解を── いくら出来が良くても新規タイトルでハードの普及をのばす時期でもないし、そういうのは任天堂の仕事だし、ソフトを売りたいなら器が大きい方が良いと思うの。

そんなことを書きたくなるのはこのソフトがそれだけおもしろいから。ゲームキューブユーザだけで囲い込むのはもったいない気がする。あと、Cスティック斜め4方向が決定ボタンの代わりになっているのはインタフェイスとして劣悪。まれに斜め以外の方向を使う場合があるのはおいといて、これはPS2にしてメインの4ボタンに割り当てたら納得のいく動きをすると思う。ゲームキューブの4ボタンでも良かったとは思うんだけど配置が微妙だし。同じようなことはRUNEでやっていたけど、あれはカードにボタンのアイコンがあったからよかったわけで。

まあ、なにが言いたいのかって、たいして更新もしていないのにここを見ている人ならゲームキューブを持っているだろうけど、持っていない人のためにもPS2で完全版を出すのもいいかなって。ゲームキューブを持っているなら今すぐ買って損はないってこと。

まわりくどい書き方をしたけど、結論としてはおもしろいのでとっとと買いなさいと。そんなところです。


スポンサーリンク
関連記事


この記事の前後の記事
2004年01月20日:年末にやったソフト
2003年11月03日:どどんと

最新記事
2021年03月11日:シンエヴァを鑑賞した人たちを鑑賞した[ややネタバレあり]
2021年02月12日:藤子・F・不二雄「ノスタル爺」を読み解く
2021年01月18日:「呪術廻戦」単行本での加筆修正一覧(15巻まで)
2020年09月28日:「2.5次元の誘惑」がとにかく熱い
2020年04月08日:緊急事態宣言が発令された日の雑感
2020年04月05日:24年前、真賀田四季は「他人と実際に握手をすることでさえ、特別なことになる」と言った
2019年11月20日:例の裁判の判決を傍聴した
2019年09月18日:2019年の誕生日
2019年08月01日:衝撃的ニュースのあとに攻撃対象を探すのはやめよう
2019年07月11日:なぜSwitch Liteは7月に発表され、TVモードが削除されたのか



- N-Styles -