2001年12月22日

コーエーのゲームキューブ参入第一弾は「バトル封神」


スポンサーリンク

コーエーが2002年春にゲームキューブソフト「バトル封神(ほうしん)」を発売する。予定価格は6800円。GBAケーブル対応。

GBAケーブルに対応すると言う事で、同時にゲームボーイアドバンス用ソフト「マジカル封神」も発売する。こちらは5800円。

ゲームキューブ版は同じコーエーのプレイステーション2用ソフト「真・三国無双」シリーズに似た多人数バトルアクション、ゲームボーイアドバンス版はRPGになっている。

このゲームの下敷きとなっている「封神演義」といえば週刊少年ジャンプで連載していた藤崎竜の漫画が有名だが、もともと中国の明代の物語が原作。このゲームと藤崎竜作品との繋がりは無さそうだ。キャラデザイン別の人だし、連載も終わってるし。

ゲームボーイアドバンスとの連動作品が発売されるのはうれしいが、あからさまに「ゲームキューブなら対象年齢層下げた方が良いだろう」って雰囲気が何となく嫌。中身が面白ければ別に良いんだけどね。

バトル封神 ゲーム紹介(コーエー)
マジカル封神 ゲーム紹介(コーエー)


スポンサーリンク
関連記事


この記事の前後の記事
2001年12月25日:クリスマス商戦で任天堂が健闘
2001年12月21日:バイオハザード公式サイト更新:ジル・モーション

最新記事
2021年03月11日:シンエヴァを鑑賞した人たちを鑑賞した[ややネタバレあり]
2021年02月12日:藤子・F・不二雄「ノスタル爺」を読み解く
2021年01月18日:「呪術廻戦」単行本での加筆修正一覧(15巻まで)
2020年09月28日:「2.5次元の誘惑」がとにかく熱い
2020年04月08日:緊急事態宣言が発令された日の雑感
2020年04月05日:24年前、真賀田四季は「他人と実際に握手をすることでさえ、特別なことになる」と言った
2019年11月20日:例の裁判の判決を傍聴した
2019年09月18日:2019年の誕生日
2019年08月01日:衝撃的ニュースのあとに攻撃対象を探すのはやめよう
2019年07月11日:なぜSwitch Liteは7月に発表され、TVモードが削除されたのか



- N-Styles -