2004年11月26日

任天堂の20世紀、任天堂の21世紀 0章:まえがき


スポンサーリンク

任天堂株式会社は、明治22年9月23日に創立された。京都に本社を置き元々は花札の製造販売を主な業務としていたが、ファミリーコンピュータをはじめとする家庭用ゲーム機を生み出したことで有名だ。あまりに圧倒的なシェアを誇っていたため、「帝国」と揶揄される事もしばしばだったが常に順風満帆だったわけではなく、幾度かの "ゲーム機戦争" と呼ばれる企業間の熾烈な争いに巻き込まれ、そして勝ち抜いていった。海外でNINTENDOという単語がそのまま家庭用ゲーム機の意味で使われるほどの圧倒的なシェアを誇っていたが、1990年代後半に社運を掛けて発売された最新機種 "NINTENDO64" で、家庭用ゲーム機市場における任天堂のシェアは減少する。一体何が原因だったのだろうか、そして任天堂はこの21世紀にどんな戦略を練っているのだろうか。

※この連載は2000年末~2001年初冬に執筆したものを加筆訂正しています。


スポンサーリンク
関連記事


この記事の前後の記事
2004年11月26日:任天堂の20世紀、任天堂の21世紀 1章:NINTENDO64 発売前夜
2004年11月26日:DSの発売まで1週間を切ったので、昔を振り返ってみる

最新記事
2018年06月29日:任天堂株主総会レポート2018
2018年06月26日:6月24日の事件について
2018年03月31日:SideM沼と私
2018年02月01日:マリオカート7 7年度連続ミリオン達成
2018年01月19日:ダンボールとゲーム機の融合、NINTENDO LABOのここがすごい
2017年12月31日:2017年、よかったもの
2017年12月27日:Google HomeはAmazon Echoよりも優秀(いまのところ)
2017年12月15日:「スターウォーズ 最後のジェダイ」を2回観た(ネタバレなし)
2017年11月03日:スーパーマリオオデッセイの発売に寄せて
2017年10月18日:マリオカートVRに新たなエンターテインメントの可能性をみた



- N-Styles -