2010年03月24日

裸眼立体視のできるニンテンドー3DSを2010年度に発売


スポンサーリンク

任天堂は3月23日に、裸眼で3D映像を楽しめる「ニンテンドー3DS(スリーディーエス)」(仮称)を2011年3月期(2010年度)に発売することを発表した。2010年6月15日からロサンゼルスで開催されるE3で詳細を発表する予定。ニンテンドーDSiと互換性がある。

スーパーマリオブラザーズからスーパーマリオ64に進化した時にも3Dと言われたが、ニンテンドー3DSはそういう意味での3Dではなく、飛び出して(もしくは凹んで)見える、いわゆる「立体視」が可能なゲーム機だ。
また、映画「アバター」のように専用メガネを付けるのではなく、裸眼(肉眼)で立体視が可能となっている。

右目には右側から見た映像を、左目には左側から見た映像を見せることで立体視が可能になる。3D映画などでは特殊なメガネを掛けることで、左右別々の映像を見ることができる。ファミコン3Dシステムもこの形式で、左右の映像を1コマずつ交互に映し、シャッターを使って片目を交互に隠すことで左右の映像を分けていた。
裸眼立体視に対応した液晶は複数製品化されているが、基本的には右目用と左目用の映像を交互に並べた上に視差バリアというフィルタを液晶の前面に配置することで左右の目に入る映像を分けている。
ちなみに、バーチャルボーイは右目用と左目用のディスプレイを物理的に分離するというシンプルな実装になっている。

視差バリア方式では液晶を傾けたときに立体視できない問題があるが、解決する方法はある。日立の携帯電話H001で同様の技術を採用している。3Dの秘密と題されたページで解説されているが、視差バリアを格子状に配置することで、縦画面でも横画面でも立体視できるようになっている。

左右の映像をひとつの液晶で見せるため、解像度が半分になる問題があるし、バリアの影響でどうしても明度が下がり暗く感じてしまう。また、斜め方向からだと立体視できないので、プレイしていない人が覗き込むと不自然に見える可能性がある。

任天堂は「裸眼立体視ができるニンテンドーDS互換の新型ゲーム機を2011年3月までに発売予定で、詳細はE3で発表する」とだけしか発表していないが、日経ではもう少し踏み込んだ記事を書いている。

「3次元的な操作ができるスティックや、画面上のキャラクターの攻撃や衝突の動きをプレーヤーに振動で伝える部品を採用する方針」「加速度センサーの搭載も検討中」「画面サイズは(略)4インチ以下になる見込み」と、微妙に語尾をぼかしている。誤報の可能性もあるが、任天堂の正式発表前に日経が先行して情報漏えいしてしまうことは過去にもあったので、ある程度信頼できると思われる。

ついでに自分の予想を付け加えたい。「立体視可能なのは上画面だけ」「立体写真(動画)が撮影可能」「バーチャルコンソール対応」「専用ソフトの他に対応ソフトが出る」の4つを予想する。

ディスプレイと目の間に障害物があると立体視が困難になる。そのため、タッチパネル側で立体視するのは難しいのではないかと予想する。タッチパネルと裸眼立体視の両方を兼ねた高品質の液晶が存在するのかどうかという問題もある。

立体写真については富士フイルムが対応カメラを発売しており、プリントアウトも出来る。実装としては外側のカメラを1つ追加するだけなので楽勝だろう。DSiから引き続きSDカードを採用すれば、容量も店頭でのプリントアウトも問題ない。

日経記事で3Dスティックと振動機能搭載を示唆しており、立体視をするためには解像度の高い液晶が必要なことから、機能的にはNINTENDO64を超えることは確実となる。Wiiと同様に過去のゲーム機のソフトをダウンロードしてプレイすることも可能になるのではないだろうか?Wiiと連動して購入済みのバーチャルコンソールソフトを移動できれば最高なのだが、さすがにそれはナシか。Wiiの後継機についてもいえることだが、同じソフトをなんども買い直すのはバカらしいので共通IDを持たせるなど、仕様を何とかして欲しいところだ。

ゲームボーイからゲームボーイカラーにバージョンアップした時に、ゲームボーイでも遊べるけど、ゲームボーイカラーだと色つきでプレイできる「ゲームボーイカラー対応ソフト」が発売されたように、ニンテンドーDSでも遊べるけど3DSだと立体になる「3DS対応ソフト」が発売される可能性は高いと予想する。たとえば、ポケモン金銀がゲームボーイカラー対応ソフトであったように、ポケモンの新作で3DS対応だったら、3DS本体の普及を大きく促進し、新ハード専用ではないのでDSユーザにも売れることで、ソフト自体の売上も落ち込まない一石二鳥のメリットがある。

まとめると以下のような感じになる。
・ニンテンドーDSの後継機が2011年3月までに発売される(公式発表)
・ニンテンドーDSiと互換性がある(公式発表)
・裸眼立体視できる(公式発表)
・E3で詳細を発表する(公式発表)

・アナログスティックを搭載する(日経記事)
・振動機能を搭載する(日経記事)
・加速度センサーを搭載する(日経記事)
・画面サイズは4インチ以下(日経記事)

・立体視可能なのは上画面だけ(N-Styles予想)
・立体写真(動画)が撮影可能(N-Styles予想)
・バーチャルコンソール対応(N-Styles予想)
・専用ソフトの他に対応ソフトが出る(N-Styles予想)

前触れもなく、シンプルなpdfのみでの発表だったが、本来であれば簡単な紹介ページなり社長コメントをつけるなりするところだろう。日経で記事になることをつかんで、先行発表した可能性が高そうだ。

なにはともあれ、E3が楽しみだ。
やはり第一弾ソフトは「とびだす!メイドインワリオ」だろうか?


スポンサーリンク
関連記事


この記事の前後の記事
2010年04月01日:二ンテンドー3DSの試作機を入手!対応ソフトも紹介
2010年02月24日:裁判員候補に選ばれて裁判員選任手続きに行ってきた

最新記事
2017年11月03日:スーパーマリオオデッセイの発売に寄せて
2017年10月18日:マリオカートVRに新たなエンターテインメントの可能性をみた
2017年08月31日:会場を借りて誕生日パーティを開いた
2017年07月07日:私はキンプラに殺された
2017年06月30日:任天堂株主総会レポート2017
2017年06月20日:「映画 山田孝之3D」はとんでもない映画だった
2017年05月25日:ARMSはSplatoonの背中に追いつけるか?
2017年04月14日:amazonの検索結果からボッタクリ価格業者を消す方法
2017年03月29日:1-2-Switchは最高のパーティゲーム
2017年03月04日:Switch発売に寄せて


コメント

楽しみですね。でも絶対まだ隠してますよね。DSの時も2画面ばかり先に強調して、タッチパネルはギリギリまで言わなかったですもんね。

「3DS」という名前を聞いた時には、完全になんかのギャグかと思ったんですけど、本当のことだったんですね。
楽しいおもちゃを楽しみにしています。

FinePix REAL 3D W1の背面液晶には”左目・右目に届く光の方向を高速かつ高精度に制御し、両目にそれぞれ別の画像を投影する「ライトディレクションコントロールシステム」を採用。パネル本来の解像度を生かしたまま、ちらつきの無い自然な立体感を裸眼で得ることができる。”という技術が使われています。

これを使うのではないかと思っています。
64DDのときに富士フイルムとは関係を持ってますし。

マイコミジャーナルの記事より
V1(ビューワー)では、液晶の縦方向にスリットを入れ、左右の目に別々の画像を届ける「パララックスバリアシステム」を採用する。これはほかの機器にも利用されている3Dシステムだが、画面の大型化が容易などという理由で採用された。ただ、スリットのバリアが入るため、横方向の解像度が半分になるという弊害があり、それに対してライトディレクションコントロールシステムは、解像度が犠牲にならず、より高解像の画像を表示できるメリットがある。こちらの方式は、同社によれば「大型化が技術的に難しい」とのことで、技術的な目途がつけば大型画面にも導入していきたい考え。

いい意味で予想を裏切ってくれるのが任天堂。どんな機能つけてもヒット作が出てくる気がします。

去年辺りから、3Dっていうのがキーワードだったけど
任天堂の携帯機で、3Dとは予想外でした。

日経の記事通りだと、かなり期待しちゃうけど
あと、値段もどうなんだろう?
2万以下じゃないと、厳しいと思う。

3Dはいいけど眼鏡かけるのはどうだろう、と言うコメントが伏線だったんですねえ。
久々に黒い社長を見た気がしますw

コメントする

※無記名投稿またはそれに準じる名前での投稿は、内容にかかわらず削除することがあります


- N-Styles -