2007年03月29日

セガと任天堂がWiiとDSで「マリオ&ソニック in 北京オリンピック」を開発


スポンサーリンク

任天堂とセガは「マリオ&ソニック in 北京オリンピック」の制作・販売に関して協力することで合意したと発表した。欧米ではセガが、国内では任天堂が2007年に発売する。タイトルは仮称、価格は未発表。

「マリオ&ソニック in 北京オリンピック」は、任天堂の看板キャラクターであるマリオシリーズのキャラクターと、セガの看板キャラであるソニックシリーズのキャラクターが競演するスポーツゲームで、WiiとニンテンドーDSでそれぞれ発売される。この両キャラクターの共演はもちろん初めて。

タイトルの通り、2008年に開催される北京五輪を題材としており、国際オリンピック委員会からライセンスをうけて発売される。開発をセガが行うのか、任天堂が行うのか、それとも外部の開発会社が行うのかは不明。

WiiとニンテンドーDSで発売とのことなので、それらのインタフェイスを活用したゲームになりそうだ。単純にリモコンを振り回し続けたり、ペンでこすり続けたりするような単純なゲームにならないことを祈ろう。単純に連打しまくるハイパーオリンピックちっくなものはある意味アリかもしれないが…。

余談だが、オリンピックの正式ライセンスは受けていないが、セガはかつて「デカスリート」「ウィンターヒート」「バーチャアスリート2K」などのオリンピック種目を取り入れたスポーツゲームを発売している。これらはヒットメーカー(AM3研)で、現セガ社長の小口久雄氏が率いていた開発チームによるもの。バーチャアスリート発売からかなり経過しているので同じチームが開発する可能性は低そうだが、同じようなゲームシステムになることはなきにしもあらず。どうなるかな。


スポンサーリンク
関連記事


この記事の前後の記事
2007年03月29日:アリカがニンテンドーDS版「ケツイ~絆地獄たち~」を発売!?
2007年03月25日:体験会パンフレットで見る発売中止ソフト

最新記事
2017年10月18日:マリオカートVRに新たなエンターテインメントの可能性をみた
2017年08月31日:会場を借りて誕生日パーティを開いた
2017年07月07日:私はキンプラに殺された
2017年06月30日:任天堂株主総会レポート2017
2017年06月20日:「映画 山田孝之3D」はとんでもない映画だった
2017年05月25日:ARMSはSplatoonの背中に追いつけるか?
2017年04月14日:amazonの検索結果からボッタクリ価格業者を消す方法
2017年03月29日:1-2-Switchは最高のパーティゲーム
2017年03月04日:Switch発売に寄せて
2017年02月14日:ニンテンドーSwitchと一緒に買っておきたいもの



- N-Styles -