2006年04月28日

任天堂の次世代機の正式名称は「Wii(ウィー)」


スポンサーリンク

開発コードネーム「Revolution(レボリューション)」として知られていた、任天堂が今年中に発売を予定している次世代家庭用ゲーム機の名称が正式決定し、28日未明に発表された。正式名称はシンプルにアルファベット3文字で構成された「Wii」。日本語での表記は「ウィー」となる。

英語で「われわれ」を意味する「We」と同じ発音で、誰もが遊べるというコンセプトを表す。2つ並んだ「i」はユニークなコントローラを表すと同時に、人々が集まる様を表現している。

はっきりと明言されたわけではないが、無線通信規格であるWiFi(ワイファイ)もイメージさせる名称だ。
他には…Withとか、Willとか、Wideとか、世間を騒がせているWinnyを連想できなくもない…というのは強引か。

語呂あわせで、宣伝のキャッチコピーに「What is it?」と出てくるような気がする。他にも「We will ~ with Wii」とか英語だと語呂の良いフレーズがいっぱい出てきそうだが、日本語だと…ちょっと。ウィー…うぃー…Wii…。しっくりこないなあ。そのうちなじめるんだろうか?今後、ローマ字入力の誤変換で出てくる、「ゐい」という隠語で呼ばれることが容易に予想できる。

以前予想した、「E3での発表」、「名称にNINTENDOを含む」は見事に外れてしまった。

それにしても、今回の発表のタイミングはよく分からない。E3という絶好の発表の機会があったのに、どうしてこのタイミングで?以前、ニンテンドーDSで任天堂がどのように発表を行ってきたかをまとめたが、妙なタイミングで発表を行うときは何らかの理由があった場合にみられた。
考えられる理由はいくつかある。推測というか、これはもはや妄想に近いが、今週末あたりにプレイステーション3がらみで何らかの発表があるのを察知したから、Wiiの名称が漏れ始めていたから…などの理由が考えられる。

関連ドメインの取得状況を調べると、wii.jpはさくらインターネット経由で2004/09/23に何者かが取得済み。おそらく今回の名称とは無関係。nintendowii.jp、nintendo-wii.jpは2006/04/26に大阪のある特許事務所が取得している。任天堂の依頼で確保しているのだろう。nintendo-wii.comなどの.comドメインはNintendo of Americaが4月27日に取得している。時差があるので実際は昨日ではなく、発表の前後に取得したのだろう。他にも.netが取得されているが、これは任天堂ではなくドメイン取得業者が大あわてで確保しているようだ。

直接任天堂がとったわけではないとは言え、nintendo-wii.jpなんて露骨なドメインの取得が知られたら、それがなにを意味するのか容易に推測できるわけで、少なくとも26日の段階で、Wiiの名称を近々発表する予定があったことが推測できる。

また、他人に取得されないように確保した可能性もあるが、いずれプロモーションサイトなどが立ち上がる可能性も捨てきれない。E3が終わる頃には、任天堂が様々な方法でWiiの名称を広めてくるだろう。

nwii.jpとかn-wii.jpとかwiids.jpとかはまだ取られていないようなので、欲しい人はお早めに。.jpは年間4000円弱のはず。


スポンサーリンク
関連記事


この記事の前後の記事
2006年04月28日:5月8日からNewスーパーマリオブラザーズの体験版がプレイ可能に
2006年04月21日:MOTHER3発売

最新記事
2017年08月31日:会場を借りて誕生日パーティを開いた
2017年07月07日:私はキンプラに殺された
2017年06月30日:任天堂株主総会レポート2017
2017年06月20日:「映画 山田孝之3D」はとんでもない映画だった
2017年05月25日:ARMSはSplatoonの背中に追いつけるか?
2017年04月14日:amazonの検索結果からボッタクリ価格業者を消す方法
2017年03月29日:1-2-Switchは最高のパーティゲーム
2017年03月04日:Switch発売に寄せて
2017年02月14日:ニンテンドーSwitchと一緒に買っておきたいもの
2017年01月20日:IMAX版「君の名は。」は2倍泣ける


トラックバック

» 正式名称はニンテンドーWii from kHz @ Blog
えーと、「ウィー」読むそうです。 任天堂の次世代据え置き機の正式名称が、任天堂の公式ホームページで発表されました。 ニンテンドーWiiだそうです。 うん、... [Read More]

» 最も任天堂「Wii」なドメイン(wii.jp) from メール人語
◎wii.jpの所有者だったりします え、「Wii」? 任天堂の次世代ゲーム機っ... [Read More]

コメント

 GCみたいに松下から互換機を出すのだろうか?本家共々期待してます。

エボリューション(仮)が『Wii』になったわけですな。
まだしっくりこないことこのうえないです。
なんかウイニーのほうがインパクト強すぎますし。auからもWINっていうものがでてますし。
同じウイ(W)から始まるものに紛れてしまいそうで心配です。
任天堂が今後どうアピールを展開していくかとても楽しみですよね。

やはり「プレイステーション」と「レボリューション」では似ているからかな?

う~ん…微妙

ますますマーケティング手法がアップルに似てきましたね。
ブランディング戦略がうまい。

「Wii」

iPod関連の商品は「i」を統一した表記ですが、これからWiiの周辺機器の名称も、この名前と関連しているとかっこいいですね。

イメージブランドとして確立されれば、DSのように据え置き機でまったく新しい革命を起こすことでしょう。

http://slashdot.jp/articles/06/04/27/224255.shtml
によるとちょっとアレゲなことになってるようですね。
ちゃんとリサーチしたのでしょうか。

本文中に「なぜこの時期に正式名称を発表したのか分からない」とありましたが、
E3-2006ではリモコンコントローラの体験や斬新なゲームプレイに注目してほしいからでしょう。

正式名称を含めてE3で一気に情報開示すると、Wiiという名前だけが一人歩きして、最も重要なゲームプレイに関するニュースが埋もれてしまう可能性があります。
事実、正式名称(Wii)が発表されてからというもの世界各地で話題騒然です。
E3より前に正式名称を公開することで注目を集中させ、なおかつエンドユーザーには賛否両論するのに十分な時間を与える。議論がなされ、一呼吸おかれたところで、E3で改めてWiiの示す可能性に注目してほしい。

そういうことだと、私は思います。

ウィーって発音しづらい。
「おまえ、ウィー、持ってる?」
って子供たちは会話するのかな。

>よっとさん
確かにw。
でも僕は、こっちの方がいいにくいです。
「おまえ、Xboxサンロクマル持ってる?」
どう略すか全くわからないんですよねぇ。(^_^;)
子供はどう言ってるかは分かりませんが。

確かにウィーは言いづらいな

はじめまして。
「さくらインターネット経由でwii.jpを取得していた
何者か」のドンQです。

反応が遅すぎでしたね(ーー;)
今日になって初めて「wii.jp」をググッてみて、この
エントリーを拝見しました。
ちなみに、nwii.jp、n-wii.jp、wiids.jpのドメインは
まだ空きみたいですね。

しかしこんな重いドメインを個人で持っいても
しょうがないんで、さっさと買い取ってもらえると
うれしいんですけどねー(^^;

コメントする

※無記名投稿またはそれに準じる名前での投稿は、内容にかかわらず削除することがあります


- N-Styles -