2002年03月09日

スクウェアが任天堂ハードにソフト供給再開


スポンサーリンク

NINTENDO64発売から任天堂ハードへのソフト供給を行っていなかったスクウェアが供給の再開を行うことで合意した。

ソフトはゲームキューブとゲームボーイアドバンス連動になる模様で、今年中に発売される。日経はファイナルファンタジーシリーズの作品となる可能性が高いとしている。

開発はスクウェアとFF開発者の一人が新たに設立される新会社「ゲームデザイナーズ・スタジオ」が行い、ゲームデザイナーズ・スタジオはファンドキューの出資を受ける。ファンドキューは任天堂の山内社長が個人資金で設立した連動用ソフト製作者支援ファンド。

まとめると 山内社長の設立したファンドキュー →(開発資金、金額不明)→ ゲームデザイナーズ・スタジオがソフトを製作 → 任天堂ハード向けに発売 という流れになる。発売元はスクウェアになるか、ゲームデザイナーズ・スタジオになるか、任天堂になるか現在のところ未定。

ファンドキューでやるからには山内社長の「新しいジャンルを作り上げる必要性を痛感している。才能を伸ばして新ジャンルを作るための開発資金が必要(略)それで基金を創設した。」という発言もあるし、新ジャンルの開拓の任を背負うことになる。FFシリーズの正当な続編はPS2での供給が決まっているし、規模の小さそうな新会社で続編が出る可能性は低いので外伝的なソフト、もしくはFFじゃないものが出るのではないだろうか。リメイクで連動というのも変だし。

まあ、良いんじゃないスか。専門外の人がタブロイド的に騒ぐのがなければ。

情報提供:モテルパンさん
スクウェア、任天堂向けソフト供給を再開(日経)
関連記事:任天堂山内社長が私財を投じてベンチャー支援
関連記事:山内社長談「Xboxは売れない」


スポンサーリンク
関連記事


この記事の前後の記事
2002年03月11日:スクウェア、任天堂ハードへのソフト供給 続報
2002年03月09日:AMAZONお買い得情報

最新記事
2017年08月31日:会場を借りて誕生日パーティを開いた
2017年07月07日:私はキンプラに殺された
2017年06月30日:任天堂株主総会レポート2017
2017年06月20日:「映画 山田孝之3D」はとんでもない映画だった
2017年05月25日:ARMSはSplatoonの背中に追いつけるか?
2017年04月14日:amazonの検索結果からボッタクリ価格業者を消す方法
2017年03月29日:1-2-Switchは最高のパーティゲーム
2017年03月04日:Switch発売に寄せて
2017年02月14日:ニンテンドーSwitchと一緒に買っておきたいもの
2017年01月20日:IMAX版「君の名は。」は2倍泣ける



- N-Styles -