2001年11月21日

ゲームキューブでキン肉マンII世発売


スポンサーリンク

週刊プレボーイ誌上で連載されている「キン肉マンII世」がゲームキューブ用ソフトとして2002年夏にバンダイから発売される。ゲームのタイトルは「キン肉マンII世 新世代超人(ニュージェネレーション)vs伝説超人(レジェンド)」、価格は未定。

ゲーム内容はタイトルの通り、キン肉マンII世で登場するキン肉万太郎やテリー・ザ・キッドなどの新世代超人と、キン肉マンやロビンマスクと言った「キン肉マン」で活躍していた超人が闘う3Dプロレスゲームと思われる。

ゲームの機能として超人エディットが可能で、おそらく様々なキャラのパーツを組み合わせることで新しいキャラを作り出せるのだろう。

プレイボーイの企画でゲームに登場する超人を読者から募集する。ゲームで採用されるのは最大10人で、それらは漫画の方にも登場することになり、エディット用のパーツとしても使用可能になる。採用されるとゲームキューブ本体とソフトがプレゼントされる。

プレイボーイに掲載されたキャラクターの画像を見ると漫画っぽく輪郭が強調されたデザインになっているが、キューブ版リンクのような陰影2階調のトゥーンシェーディングではなく、滑らかに丸みを感じさせる陰影が付いていた。

また、キン肉マンII世はワンダースワンカラーでも2002年3月に発売されることが決まったが、こちらはファミコンソフト「キン肉マン マッスルタッグマッチ」のリメイクに近い内容になるようだ。もちろん登場キャラはキン肉マンII世の超人が参戦することになる。

これでコーエーに続いてバンダイがゲームキューブで初めてソフトを発表したわけだが、それに続くメーカーがどんどん出てきて欲しいところ。

情報提供:tuboさん


スポンサーリンク
関連記事


この記事の前後の記事
2001年11月22日:任天堂が平成14年3月期 中間決算短信を公表
2001年11月21日:コーエーがゲームキューブ向けにソフト供給

最新記事
2017年11月03日:スーパーマリオオデッセイの発売に寄せて
2017年10月18日:マリオカートVRに新たなエンターテインメントの可能性をみた
2017年08月31日:会場を借りて誕生日パーティを開いた
2017年07月07日:私はキンプラに殺された
2017年06月30日:任天堂株主総会レポート2017
2017年06月20日:「映画 山田孝之3D」はとんでもない映画だった
2017年05月25日:ARMSはSplatoonの背中に追いつけるか?
2017年04月14日:amazonの検索結果からボッタクリ価格業者を消す方法
2017年03月29日:1-2-Switchは最高のパーティゲーム
2017年03月04日:Switch発売に寄せて



- N-Styles -